2007-11

何だろう、これ。

軽く衝撃です。
今更ながらStSのSS01のジャケを見たのですが……、これは。エリキャロより小さい?リインII。たまらないかもしれない。くるくる回っているリインよりもくるものがあるよ。あ!もちろんちいさなリインIIも大好きですが!
自分SS01とSS02は聞くだけ聞いて表紙自体はしっかりと見てなかったというかそこまでリインIIに焦点を当てて見てなかったようです。

思ったんですが、これを襲っちゃうのはちょっと犯罪じゃあないでしょうか、なのはさん(ぇっ)いや、そうか。なのはさんも、小さくなればいいんじゃないだろうか。そうすれば……大丈夫なような気がする。が、そんなうちの訴えはスルーして19歳のままつっこむなのはさんというのもそれはそれで(ry
ああ、リインIIとなのはのえろを書きたいよ。いや、ただ意味の無いえろ目的の話ってあまり好きじゃないんですけどね、とってつけたようなラブとか。ううん。どうしようでもこの滾る思いはとめられないよリイン!
「な、なのはさんなら……リインは構わないです……」
「いいの、そんなこと言っちゃって。きっと翌朝には後悔してるよ」
「体は辛いかもしれませんけど、でも心が後悔することは絶対にありませんです。だから……お願いするですよ、なのはさん」
とかとか!
はい、自重しますね、すみません。
ちゃんと先に途中のはやなの書き上げます。

そして、ティアナの身長がなのはさんより低かったことに絶望した。
あれ、、?そうだったんですか。。以前書いた小説では、ティアナの方を高く設定しちゃってましたよ。ま、まあ機動六課のときはまだ16歳だし、もう少し伸びるよね、きっと!うん。そうだよ。
しかしなのはさんがティアナより高いとは……、見逃していたなぁ。
なのはさんそんなに身長高かったのか。それもまた、エクシードモードのBJ装着したとき映えるから、良いものかもしれない。
というか私は基本的になのはさん全肯定なところがあるからなんともですが(苦笑)

SS04も発売もうすぐですね。
歌詞がなのはへの愛を歌っていたらなのヴィ祭りします。
違ったら、それでも独り泣きながらなのヴィ祭りします。
祭りといってもいくつか集中的にSS書くくらいだけど、ただできればSS書きさんにはなのヴィをかいてほしいなぁ、なんて。無理かな…(p_;)まぁその際には暖かく見守ってやってください。……と、先のことを書くのは個人的に大変不安なので、この辺でw

拍手返信なの18と、

風邪が治った為、調子に乗って更新してみます。
なのティアよいなあ。
幸せなティアナはいい。でもやっぱり修羅場脳の私は、報われないティアナが大好きです。フェイトさんは薄倖がいいけど、ティアナは悲恋が似合う。だからフェイトの恋が報われることがあっても、幸せにならないこともあり、またティアナは想いが報われなくても幸せになることはある。例えば『失われた部分と残された部分』のように。
うん、ええと。
次は多分「はやて×なのは」のターンです。多分、、


さて、リンク追加したので紹介です。
緋色の庭
なのは絡みのカップリングが好きならぜひどうぞ。
なのフェイ、はやなの、なのヴィのSSあり。
現在ははやなのフェイのSSが連載されているようです。修羅場修羅場♪(自重

ryu-minBS
なのヴィが好きなら追加しないわけにはいかないだろうということで。
漫画を描かれています。なのは病にかかったフェイトさんのパフォーマンスが素敵過ぎる。
ここのなのヴィは可愛いなあ、可愛いなあ。

それでは続きより拍手返信です。

Read More »

台所で。

ふと思いついたなのティア。ティアナin高町家でのありふれた日常の一コマ。
軽く読み流していただければ嬉しいです。だって妄想だから!
ティアナはたぶんフェイトさんに次ぐ変態でMだと思うんだけどどうだろう。
はやては自分の中ではかなりの淑女なのです。なんというか真面目。どこでそんなイメージがついたんだろう。StSのシリアスはやてに影響されたかな。
と、これはティアナの話です。

短くはありますが、よければ続きよりどうぞ。

Read More »

命を吹き込まれた落葉

どうしても書きあげなきゃならん時が西野加奈にはあるのだ!

さて、なのティアです。
自分なりの、ティアナが幸せな話をどうにか書いてみました。
浮気もしない、ティアナ一筋ななのはさんです。((とここまで書くと、普段すごく浮気したりふらふらしてるみたいですね、、そんなことないよ!なのはさんはそんなことないよ!うん。本編のなのはさんは。
ところでティアナとなのはでは、ティアナの方が身長が高い、でいいんですよね。

それでは続きよりどうぞ。

Read More »

拍手返信なの17

どうにか、治りました。心配をおかけしてすみません。
ついでに以前言っていたPC移行完了です。おお、早い。軽く驚きです。というか知り合いに言わせれば、前のPCが遅すぎだったらしいんですが。そんなに悪いものじゃないんだけどな、でもよく頑張った自分。
まあ今はもうどうでもいいですねw

今はなのは←ティアナがすごい好きです。なんでだろう、なんか良いのですよ。やっぱり思いがつながっているよりは、ティアナの片思いがw
修羅場とか好きだからね、、最近ではヴィータを彼女に置きつつ、それでも態度を変えずに仲良くやってくれる、健気なフェイトに心が動いて口説いてしまうという外道ななのはさんが思い浮かんだり。
わかる人にはわかる、「みんなのなのはさん」とかw

それでは続きより拍手返信です。

時空管理局
補足ありがとうございます。

Read More »

どうにも

風邪のようです(これは携帯から
頭痛と寒気が、、ついでに体がやたらと重く。
更新できなくてすみませんm(_ _)m

なのはさんに愛の砲撃撃たれて治してきます。
明日の朝には治っているといいな。

ヴィヴィヴィ

みえなくてもヴィヴィオ。
なのはさんが大好きなヴィヴィオ。



文章ばかり書いていると、たまにこんな落書きがしたくなるのさ。
大人ヴィヴィも大好きだけど、こんなふうにちっちゃいヴィヴィが「なのはママーっ!!」ってかけていくあのシーンにはたまらないものがあります。といいますか、なのはの為に髪綺麗にしたりお洒落をするヴィヴィオって、それなんてベタ惚れだろう。
はやくDVDの5巻を手に入れたいな。
なのはママをみつけたときに、顔まっかにして抱きついていく場面が好きです。
ほんとうになのはさんのツンデレ・幼女・金髪の撃墜率は異常。
将来はヴィヴィもツンデレかあ。頑張ってヴィヴィオ。

拍手返信なの16

なのは、なのはママ、なにょは、なのはちゃん、なのはさん。
なのはって主人公なだけに色んな呼ばれ方してますね。
いいなあ、どれも可愛い。すぐに声と共に笑顔全開で振り向くなのはが脳内再生されます。

そして、、なんだろう。拍手数が軽くおかしいです。ブログにもともとついているものもそうですが、Web拍手のも。なにかの誤作動かなあ、、?とかよく分からない事を考えつつ。
でもありがとうございます。SS書いた身としては読んでいただけるのは嬉しい他ないです。

あ、と。短い感想とか意見は新たに設置したWEB拍手の方でいいのですが、長いものはブログについているものか、コメントにいただけるとうれしいかな、なんて。
ただ、其方のやりすい方法がやっぱり一番良いので、どちらからでもどうぞですm(_ _)m

それでは続きより拍手返信です。

Read More »

WEB拍手設置してみる

お礼小説5つできましたので設置です。
はやなの、なのティア、なのアリ、なのヴィ、ヴィヴィなので。
どれも短いものばかりですが、書きたいことかけたからよし。
・・・お礼小説に似つかわしくない暗さですが。
で、書いていて発見したのですが、なのは×はやて書きやすい・・・。そして相変わらずヴィヴィなのは書きづらすぎる。大好きなんだけどな。。
今回のなのはやは、どちらかというと、なのは受けなんですけど。
なのは視点が書きやすいのかな、もしかして。今回なのは視点は一番目のだけだし。。

ちょこっとなのはや談義。
うちのはやては結構穏かです。いつぞやの二次会ではちょっとふざけましたが、片鱗はあります。きっと自分のなかのはやてって柔らかいんだ。物腰というか。
なのはのことを大事に思ってる。
フェイトやヴィータ、ティアナみたいに狂うほどの激しい愛ではなくて、外側から暖かに見守っているような、そっとまもっているような愛。
だからはやてで修羅場って自分では考えにくいのかもしれません。あ、もちろんはやてとフェイトがなのはをとりあうっていうのも素敵であります!!愛されてるかんじがぐっじょぶ。
はい、sohassさんの小説が私は大好きです(告白w
そう、そんな話も好き。
だからこそ、自分の中ではやては、なのはを見守るというイメージがあるのかもしれない。疲れた時にそっと羽を休めることのできる場所。空高くにいつもいるなのはが、ふと見渡せばそこにはやてが柔和な笑顔をうかべてくれている。そんな、なのはとはやて。
ああ、うちはやてのことも好きなんだな。

そんな感じで。ただいまPC移行中。
へやがすごいことになってます。。はやくなんとかせねば!

拍手返信なの15

胃がやられて気分悪いけど、でもそんなの関係ねえっ。
今でもブログで拍手があるんですが、それとはべつにWEB拍手なるものを設置してみようかと試み中。今はお礼の話を五つばかり書いてます。短かったり、そこそこだったり。
予定としては「なのはや」「なのティア」「なのアリ」「なのヴィ」「ヴィヴィなの」を。
そして何気になのは×はやてを書くのは初。

拍手コメントにあったなのはとヴィヴィオとヴィータを考えてみた。
「ヴィヴィオ、ちゃんとヴィータちゃんを遊園地に誘って来るんだよ」
「ゆーえんち?」
「そうだよ、三人で」
「うん、ヴィヴィオ、ヴィータお姉ちゃんとゆーえんち行きたい!」
「だったらまず誘わないとね。でもきっと大丈夫。もし断られそうになってもにっこりと笑って『ヴィヴィオ、大好きなヴィータお姉ちゃんと一緒にゆーえんち行きたいな』っていえばきっと頷いてくれるから」
「うん、わかったよなのはママ! おーい、ヴィータおねえちゃーん!」

きっとこんなかんじ。

それでは続きより拍手返信です。

Read More »

強奪者

なのヴィ分が足りないので自分で補充。
それにしてもryu-minBSさんのなのヴィが可愛いなあ。

続きよりヴィータの短すぎる独白。やっぱりなのヴィときて浮ぶのは8年前なんですよね。真紅の花っていうのもそれを連想させる。
ヴィタの歌ってどんなのだろう。ヴィータは一生懸命歌ってそうだよ。

Read More »

失われた部分と残された部分

貴女の血の味すら」の後日と考えていただければ。
なのティアを書くと必ず暗い雰囲気になるよ。。でもヤンデレは楽しいです。
ただ目指したのはヤンデレというか、壊れたティアナ。となのはさん。
性的描写を含みます。

それでもよろしければ、続きよりどうぞ。

Read More »

ついにきた。

待望の、ヴィータのキャラソン!
SS04で歌うらしい。。
半ば諦め気味だったのですが、只今大変興奮してます。リリカルなのはSNSで私の日記を読んでくれた人は、多分自分の暴走っぷりを知ってるんじゃないかな?w
嬉しいな、なにやらアレなジャケットが気になるけど、でもそんなの関係ねえっ!な勢いでなのはへの愛を唄って欲しいものですよ。
はやてを蔑ろにするヴィータはヴィータじゃないけど、それとは別になのはのことを想ってほしいっていうのは欲張りなのかな。

ヴィータはなのはの次に好き。だからなおさら嬉しいのかも。
でもやっぱりジャケットが気になるな・・・・。。ううむ。
私は「なのは・ヴィヴィオ・フェイト」の親子像が思い描けないのでwだってヴィヴィなのを考えたら、フェイトが、ねえ・・・?
でもヴィータならなんとなくヴィヴィオと上手くやっていける気がするのですよ。だから自分の中でおやこっていったら「なのは・ヴィヴィオ・ヴィータ」かな。ヴィータは「ヴィータお姉ちゃん」と呼ばれるだろうけど、なんだか微笑ましい図になるよ、きっと。

ヴィータの唄本当に楽しみだ。
リリカルなのはの曲はOP・EDもだけどSSに含まれているキャラソンも良い曲ばかりなので。何だか合うのかも。
SS03ではリインの「小さな誓い」とかティアナの「二人の翼」とか好きですよ。


ところでブログのメニューに今まで書いた小説の一覧作ってみました。今まではカテゴリ別だけだったので、もっと分かりやすくなればと思って。邪魔だったらすみませんm(_ _)m

小さな涙

うぐ、日付かわっちゃいました。。
なのは×リインフォースIIです。でも実質はリインII→なのは。
だいたい19話あたりです。SS03視聴推薦ですが、聴いてなくても大丈夫です。聴いてるといいかな、という程度。

よければ続きよりどうぞです。

Read More »

現状とか。

久々です。
パソコンを買い換えるので、その準備に勤しんでます。
PCかったら普通にお金がなくなり、テンションが上がらなかったりします(;>n<)
でも先日オリジナルサントラをようやく購入できたので、それ聞きながら頑張るよ!
現在の進行状況としては、、
長編→細かいところを組み立てなおし、アリ・フェイの修羅場挿入。
短編→なのティア執筆中、リク考え中。
なとこです。

とりあえずの目標として、今日中になのリインを上げる!
もし出来なかったらごめんなさい。。

拍手返信なの14

なのティアぶーむ。
なのはさんがティアナをペットにして飼育するという話を某掲示板で呼んだせいです。
それでもやはりヤンデレティアナが書きたいです。以前書いた「貴女の血の味すら」の完結編という形で。
しかしなのリインも。書きたい。いま思い浮んでいる場面的には、SS03で夢からさめたリインをはやてとヴォルケンがなぐさめたあと、一人になって思い出して、また涙目になったところをなのはさんに慰めてもらうというもの。
うむむ、なのはのネタは本当に尽きないなあ。
だからもっと文才が欲しい、そのために頑張っている、そんな現在。

さて、それでは続きより拍手返信です。

Read More »

擬似家族

ヴィヴィオ(大)×なのは。
1万HITでリクエストしていただいたものです。
量のわりにかかった時間が異常でした。
うぐ、、もっと精進せねばですね。

それでは続きよりどうぞ。

Read More »

苦戦ちう。

ありがとう!
なのは×リインフォースII、書いてみるよ!!

というわけで一万打リクエストのヴィヴィなのを書いてました。本当なら昨日あげられるはずだったのですが…異常なほど苦戦。
大人ヴィヴィオ難し過ぎるんですけど、、うう。なのはさんともまた微妙な距離でね、悩む。
公式でなかったからかなぁ。いちお15歳位の設定なんだけど。にしてはなんか歪んでたりする。
それが年齢不相応な気がして、いやいやヴィヴィオは精神年齢はそのままでおおきくなったから実際問題は、……などと、いろいろ悩んでます。一日ほど睨んでたり。
ううん、難しいとこです。考えすぎなのかもしれませんね。

今日中にはたぶんあげられると思います。期待はしないでまっててやってください。
ではまたのちほど。

見た事はない。

だけど、書いてみたいというか、好きな組み合わせがあります。
なのは×リインフォースII
『SHOUT!』でちらっとはかいたんですが。
サウンドステージ03でリインはやっぱりなのはさんを指針にしてて、でなくとも漫画では教えを熱心に受け、慕い。アニメ本編では姿を見つけたら文字通り飛んでいく。
そんなリインと、受け止めるだけの器量を持ったなのは。なんかいいんじゃないかな、って思ったりします。

みんなはどう思うです?

Limited Sky

StSサウンドステージ03を聞いて。
なのヴィです。なのはにここまでツンツンしてるヴィータを書いたのは久し振りどころか初めてかもしれません。まあそれも最初だけなんですが。
初代リインフォースが少し出演、シリアス一直線です。

時空管理局
補足有り難うございます。

それでは続きよりどうぞ。

Read More »

なっ……、

「なのはさんっ?」
「どうしたの、そんなに驚いた顔をして」
だって、それはそうだ。意識を取り戻せたと思ったら、貴女の顔がこんなにも近くにあったんだから。
「ふふ、綺麗な顔が台無しだよ」
「うぅ……」
「ほら、泥だらけだし」
優しくグローブをはめた手でぬぐってくれる。頬に細い指が触れて、更に体が熱くなる。駄目だ。もう自分はどうしようもないところまできてしまっているのかもしれない。
口を瞑ったまま、無意識のうちにじっとなのはさんの顔を見詰めてしまっていて、くすりと笑われてしまう。恥ずかしさに縮こまった。
「さあ、練習再開しよう」
「っ、はい!」
今は遠いなのはさんの背中、見えないほど遠くに霞んだままでいるけど。いつか、視界に映るくらいに強くなれたら――。
いつか私だけの笑顔を、貴女は見せてくれるのだろうか。


+++

なのは←ティアナ。
午前四時三十分。気紛れな、そんな夜明けに一つの小さな日常を。

拍手返信なの13

テンプレ変えてみました。どうだろう?
また戻すかもしれませんが。

よく小説書くときには音楽を聴くって話をききますよね。
私は以前は聞かなかったのですが、最近はよく聞いてます。4月に入って環境が変わった所為もあるのですが。結構いいものですね。
聴くものといえば『リリカルなのは』歌だったり、『Sound Horizon』だったり、えろげのOP・ED曲だったり。
あ、一番良いのはえろげのBGMですね。どのゲームにも2.3曲は好きな曲があり、それを集めたものを聴いたり。それとは別に、大好きなゲームはそのサントラを買って聞いてたりですね。
『はるのあしおと。』『天使のいない12月』『North Wind』なんかは特にお気に入り。筆を進めてくれます。でも同時にそのゲームがしたくもなりますw

そんな現在。
なんかもう寒すぎます。こたつに入ってPCとにらめっこです。
いつものように前置き長く、拍手返信いきます!なのはさんらぶ!

Read More »

ぐぉあっ!

たくさんのリクエストありがとうございます!
と、とととりあえず許容範囲に達してしまったかもしれないです。
ですので締め切らせていただきたくorz ごご、ごめんなさい。自重させてしまった方もいるようで。もしよければ次の機会にお願いしますです。
目標はそれまでにいままでもらったリクを消化ですね!

というわけで少しおおざっぱにですが整理してみます。
(書くときはもちろん内容取り入れていきますぜ)

Read More »

白 - white -

徐々になのはに惚れていくフェイトです。
自分の中のフェイトはこれが元になって成長していて、基本ともいえるべきもの。
自分的にはフェイなのは一期が最強です。
だけどフェイなのにハマったのは二期で、むしろリリカルなのはという作品にハマったのが一番に最初にみたフェイなのA's01話~03話の流れだったりします。とこれは関係ないですがw

それでは続きよりどうぞ。

Read More »

5万打です

いつの間に…、ありがとうございますヾ(T▽T)ツ!!

一万HITのリクも消化していない現在でありますが、、それでも何かしたほうがいいですよね。というかしたいです。
う~ん。なにしよう。
ここは普段書かないものも書いていきたいところです。
なのアリは今書いてるので精一杯だし、なのフェイはかけないし(苦笑)むしろなのフェイは1万のとき多くの方が指定してくださったのでそれ先に書きますね。

一人で突っ走らず、出来るだけ読みに来て下さっている方の希望を取り入れたいので募集します。もし希望がなければつ突っ走って書きますので、あえて放置も手ですw
期間は5万HIT感謝なので5日。11月6日までです。
想像以上に多くのリクを頂いて許容量がやばいことになり、勝手ながら終了しました、すみません。多くのリクエストありがとうございましたm(_ _)m
追記:返信は期間終了後にまとめてしようと思っています。

リクしてやるという方は、続きより詳細をどうぞ。

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area