2009-01

ヴィータとフェイトの会話、没シーン

「なのはは私の言葉くらいで揺れないよ」
「んなわけねー。なのはにとってフェイトはそんなに小さな存在じゃないはずだ」
「なのはにとって本当に大切なのはヴィヴィオだけだよ。なのはの心を揺るがせることができるのもヴィヴィオだけ」
「前者はそうかもしれないけどな、後者は違う。あいつは強いけど弱いんだ。でも強い。そんな微妙なさじ加減のいるなのはの心をお前は理解できているっていうのかよ」
 フェイトは頷きたかった。だが頭は重たく一度下げてしまえば首からもげてしまいそうな錯覚がして頷けない。
「でもヴィータ。なのはの頭の中はヴィヴィオばかりだ。例え口にしてなくてもヴィヴィオヴィヴィオヴィヴィオ。こっちの頭がどうにかなりそうだよ。いやなことまで考えてしまう。ヴィヴィオがいないほうがよかったなんて思ってしまうくらいに」言いかけたフェイトの言葉をヴィータが遮った。
「なのはの前では絶対に言うなよ」
「なんで」
「壊したいのか?」
 何をかはわかった。だがフェイトは否定しない。壊せるものならね――と口に出さずに言う。ヴィータはそんなフェイトから視線を外すと、晴れた空を映し出す窓に背をもたれて溜息を吐きだした。





今書いている話で、上のようなボツシーンがあります。

なにこの酷い会話。ということでボツった。
フェイトがちょっとあからさまに病み過ぎかな。
ヴィータは普通にやんでるし、ティアナはじわじわと病んではいるんだけど。フェイトはこんなにステレオタイプなヤンデレではないはず。きっとプレシアさんみたいな感じ。
なのはと絡むメイン三人(ヴィヴィオのぞく)がみんな病んでる酷い話だ。
これでスバルとはやてまで壊れてたらバッドエンドまっしぐらだよ。二人とも(とくにはやては)絶対に病んだりしないキャラだと思ってるから大丈夫なだけで。。
……しかしこれ、いいのかな?ううむ。

一章だけアップして様子見てみたい気持ちが少しあるんだけど、どうだろう。
もし上げたら反応とかしてくれるかな・・・だめかな~。

まあなんにしても頑張ります。4月おわりまでの完成を目指そう。
そしてまったく関係ない話だけどゆかりさんにめろめろです。


あ、、と。拍手返信と投票についての、遅くなってすみません。
申し訳ないんですが、もう少しまっていただければありがたいです。

投票。((1月27日追記

ブログ拍手でいただいたコメントで見事に希望がばらけたので、投票設置してみました。
期間は一週間ほどの予定。

投票する
終了しました。

たくさんのご協力ありがとうございました!
結果やコメントについての返信はまた後ほど。



――投票についての説明――
ヴィなのは以前に書いているので省きました。
 フェイなのはきっと他の方々が多く書かれると思うので今回はなしです。ごめんなさい。
例外として、なのハーレムに混ぜるのはあり。フェイトVSヴィータ→なのはとかね。
 幼馴染四人×なのは、など本当の意味でのハーレムにしてもよし。
やはり二人きりがよいというのであればお好きなカップリングをどぞう。
なお、票数だけでなく、意見なども参考にしつつ決めようと思います。

もうすぐ?バレンタインだね。

今年はティアなので書こうか、ちっちゃいはやなので書こうか迷います。
あ、アリなのもいい。
投票とってみようかなぁ。

長編のほうは、文庫本でいうと現在210ベージくらいです。
いまから四章にとりかかるところで、完成度でいえば……40%~50%くらいかな。
ごめんなさい。へぼへぼペースで。


ではそんなかんじで。

長編の予告つくってみるテスト。

続きにおいておきます(-∀-)*\

Read More »

拍手返信なの64

のうみそきんにくなのです~。
筋肉、筋肉ー!筋肉いぇいえーい!
道をあけてくださーい、暑苦しい筋肉がとおりまーす。
あちしみおっち、おまえゲロ犬。
しゃかしゃかへいっ。
わふー。

というのが脳内でリピートされていた最近。
なのは無印の視聴で塗り替えてやったよ……ふっ。

なのは無印を見て、思うんだ。
どうしてフェイトは変態キャラになったんだい?……と。
何回目かになるかもう数えてないけど、見返した。
今回は長編でひどい扱いになってしまっているフェイト、それをなんとかしたくてフェイトに視点を当ててみてたんですが……、え。かっこいいよね。
なんだか自分でも忘れがちだけど、私はフェイトが一番すきだったんですよ。
ちっちゃいころのフェイト。可愛いのに、カッコいい。クーデレ。
ギャップがあるとかなりの確率で好きになってしまう自分が幼いフェイトを好きにならないはずがなかったさ。
大人になってフェイトさんの株がおちた、というよりなのはさんやそのほかの株が上がったってだけだけど、それでもフェイトがすきだったんだ、自分は。

あんなカッコいいのに、なんでだろう。好きだけどね、変態フェイトも。
うーん、StrikerSのフェイトは変態でもいいとおもうけど、ちっちゃいころのフェイトが変態キャラ、っていうのを考えた人は、なんかすごい。その想像力、妄想力は見習うべきものがあるとおもうんだよ!
小説は妄想が基本だし。たぶん。


それでは続きより拍手返信です。
いつもありがとうございますm(_ _)m

Read More »

謹賀新年。

あけましておめでとうございます!


クリックで拡大。

文字なし版(ちょっと大きめ)

汚い字ですみませんホント。今年もなのはさんはかわいいです。
ちっちゃくなった「おとなのはさん」がはやてにきぐるみを着せられて、それをこれ幸いと鑑賞に訪れる人達(たとえばフェイトとかヴィータとかティアナとかスバルとかフェイトとかフェイトとか)に笑顔を振りまいている。
それを当然よしとしないヴィヴィオがちょっと不貞腐れている。
……というどうでもいいシチュエーション説明があるけどまったくもってどうでもいいね、わふー!

クリスマス前後から現在までリトバス漬けでした。
いやあもうたのしいよリトルバスターズ!EX。うん。クドはかわいいし筋肉さいこうやっほうー!だし。クドにきゅんとして、鈴にどきどきして、筋肉いえーい、いえーい!
なにより修羅場を妄想できるところがry

そんな感じの年越しでありましたが。とても有意義でした!
みなさんはいかがおすごしでしょうか。

なにはともあれ、今年も精一杯頑張りますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area