2009-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『秋、はらむ空』 六章 その始まりは、あの終わり……1

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

一話「あの終わり」
なのはは自分が悲しい時には泣かない。
他の人から寄せられた悲しみに胸が痛んで、ようやく涙が出るんだ。

――哀しいほどに生きている。

Read More »

スポンサーサイト

『秋、はらむ空』 五章 蒼き星粒……5

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

五章 五話「白紙に蘇る文字」
三章の副題でさんざん燃やしたものが、復活した。
読み終えたとき、あなたはこの言葉を理解していただけることだろう。

――記憶なんかで想っていたわけじゃない。

Read More »

『秋、はらむ空』 五章 蒼き星粒……4

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

五章 四話「望む最果て」
なのはさんは大切な人、それぞれは比べられないけど、自分自身と他の大切な人なら秤にかけることができるんだ。
なのはが捨てたのはヴィヴィオじゃなく、自身の小さな、けれど十分な幸せだった。

――私は空を飛ぶために生まれてきた人間なのかもしれないと思った。

Read More »

表情35とか。

今日で五章も終わりました。もうあと少し、きっと二週間くらい。

ところで少し前になりますが、なのはさんで表情35を描いてみました。
もしPixivのIDもってるひとはどぞ。


枠なしのすこし大きめのサイズ→⌒*(・∀・)*⌒
これはIDもってなくても普通に見れますが、でっかいです、注意。ただこれはそのうちに消します。
よければpixivのほうと照らし合わせてみてやってください。

『秋、はらむ空』 五章 蒼き星粒……3

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

五章 三話「幸福の裏側」
本文中に出てくる曲は実際にはない。もし同名のものがあったとしても全く別物なのでご了承を。
なのはの技、スターダストフォールはアニメでも見たかった。

――だからどれだけあの人に重ねたって、平気なんだよ。

Read More »

すごいな。

なのは百合関連のサイトやブログでのViVid感想をみてたんですが。
すごいなあ。多くの人が好意的な感想というかもう、歓喜な雰囲気で。

うむ……自分一人ひねくれてるのか。
フェイトさんについては、違う意味での変態呼ばわりされることを恐れなければ……焼きもちをやいてしまうんですよ。だって、ヴィヴィオとなのはさんがいちゃらぶのところをさ、なんだってあんなにすんなりはいっていくんだよと。うちもはいりたいですよ。くそう。いいなあ。なのはさん好きだー!愛してる!
でも、何故好意的なのか、その理由は分かる。
読む前にぐだぐだ悩んで、いろいろ自分の中で文句やらを言ってみて。
それでもいざ読んでみるとそこに引き込まれ、わくわくしてしまうんだ。
それがリリカルなのはなんだろうと思う。
というか、なのはさんとヴィヴィオの二人暮らしって時点で私は喜ぶべきですよね。
うん。ヴィヴィオの変身シーンで聖王になったとき、すごく心が湧いたし。
防護服纏った時点で大きくなるって、それなのはママを護るため、似合うためなんじゃないだろうか。うんうんそだそだ(^・ェ・^)

らぶらぶ親子、ごちそうさまです。

拍手返信なの81

なんか後になったら返信の意味がなさそうなので取り急ぎ。
続きより拍手返信ですm(_ _)m

Read More »

『秋、はらむ空』 五章 蒼き星粒……2

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

五章 二話「君ほど君を愛している自信はないけれど」
恋を知った日のことを覚えている人なんて、いるもんか。
いつだって微妙な選択と判断を強いられて、なのははくたくたになる。

――私はまっすぐに向かわなきゃいけない。

Read More »

『秋、はらむ空』 五章 蒼き星粒……1

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

五章 一話「限りなく傍にある不和」
なのはさんがどんどん脆くなっていく。
けれど決して病まないこの人は、きっと。

――「私のことだけを考えてもらうには、どうしたらいいんだろうね」

Read More »

拍手返信なの80

長編は、どうかな。なのはさんのこと受け入れられてるでしょうか。
わりと最低な人を、そうと感じさせずに書くというのは難しいな。
四章ででっかい山は登りました。でもまあ上ったら降りなきゃいけないんですよね、山っていうのは。


それとViVidについては……。ええと。
ヴィヴィオの同級生と言うか友達は、なのはさんが笑顔で撃墜するんですよね?
という冗談はおいとくとして。いや、そういうことになればいいなとはおもいますけどね。それでヴィヴィオが、なのはママは渡さないもん!とかいえばいいとおもう。聖王カッコ良かったし。
うんと、まあ内容については出来るだけのーこめんとで。
前は空を飛んでたり、ヴィヴィオと幸せに暮らしてればいいっていったけど、それはなのはさんが主人公であるという大前提があってこそなんだ。だってリリカルなのはだよ。
主役じゃなくていいんです。主人公であれば、いろんなことがきっと許せて、受け入れられた。
それでもなのはさんが笑ってて、ヴィヴィオも楽しそうで、それはよかった。うん。

ひねくれ者でごめんなさい。まだまだ整理が必要らしいです。
でもまあ都築さんは、……都築さんの書く話は好きだからね。なんというか。とらハとか。うん。面白かったし。だからきっと邪念がなければ楽しめると思います。
ふむ。ここに書くのはここらが限界かな。

胸がくるしい、こんな日はいたうさのラジオと国歌とメタウサ姫を聴こう。


それでは続きより拍手返信です!ありがとうございます。

Read More »

『秋、はらむ空』 四章 君以外に大切なものなんて……6

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

四章 六話「得た空はすべて君に」
もう限界なんだ、いろんなことが。ティアナもなのはも限界だった。

――死以外でも、世界は容易に幕を閉じることができる。

Read More »

『秋、はらむ空』 四章 君以外に大切なものなんて……5

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

四章 五話「射手の誓い」
真剣な想いは凶器となって人の心を刺し貫く。とりわけティアナの想いがなのはから血を流させた。お互いの気持ちがあと少しずつ弱ければ、もっと救えただろう。それこそ「遊び」のままだったらよかったんだ。
相手と真っ直ぐに向き合うことがすべていいわけじゃない。

プレゼントするのは――。

Read More »

『秋、はらむ空』 四章 君以外に大切なものなんて……4

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

四章 四話「命の休暇」
ティアナとスバル視点。
休日にティアナとスバルは六課を離れ、墓参りと遊びに出ていく。

――生きていることを休みたいと思った。

Read More »

拍手返信なの79

今日の更新である四章の4は昨日同様、少しながいですぞ。
四章は、ティアナの章ともいえる。


とりあえず話かわり、、
けいおん!は憂 唯がすきです、もちろん。まあ例の如く唯ちゃん総受けプッシュなんですが、その中で特に憂 唯がすきですな。
あとは律 唯とかー。澪 唯もいいけど、りっちゃん可愛い。でも憂が好き。
というかみんなかわいいですよね、けいおん!は見ててわくわくする。
あと、咲は癒される。にやにやするというか、ギャグなんだけど、わりと真正面から百合というか。あそこまでやられるといいねw咲は、……もちろん咲愛されry
和 咲かなw和がなんか変態ぽい。でも胸は咲くらいがすきです。

しゅ、主人公愛されがすきなんだよ。うん。えろげでも漫画でもなんでも。
でも主人公に好感が持てないとあうあうだけど。
けいおんの唯はなんだかんだで可愛いね。天然無邪気、攻めに転じそうだけど、でもどこかぽやーっとしてて、気づいたら受けに回ってるとか。むしろ唯からどうこうってのはない気がするんだ。
そんなのも可愛い。こう、ほのぼのする……ふう。

さてさて、なのはサイトでなにをいってるんだろうw
続きより拍手返信です。ありがとうございますm(_ _)m

Read More »

『秋、はらむ空』 四章 君以外に大切なものなんて……3

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

四章 三話「騎士の問い、そして夜天の王は背を向ける」
ヴィータは知っていた、フェイトは知らなかった。ただそれだけの話。
なにもフェイトが悪いわけじゃないんだよ。でもヴィータだって正しかった。色んなことが悲しい。

――耐えられるのか?

Read More »

『秋、はらむ空』 四章 君以外に大切なものなんて……2

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

四章 二話「真実はどこにもない」
境界線は、ここなんだ。フェイトは知っていた。
そしてなのははほんとうに酷い人だった。

――どうにもできないなら、どうにかするしかない。

Read More »

拍手返信なの78

消耗が、続くよどこまでも。
自分のために泣ける人はまだいいと思うんだがどうだね。

なんか、なんか、、こう、どうしたらいいかね。
根本的にうむむだ。うむむの中に込められた何かがあるんだ。意味が分かりませんね。やれやれー。
色んなことが積み重なって、消耗というのはされるんだ。一つ一つは小さくても気付けばぽっかりと穴が開いているなんてことがある。それが埋められる穴なら何の問題もないんだけど。

難しいなあ。
元気を出すにはドリンクでも飲もうかな?
あるいはゆかりさんのチェルシーガール聴いてハッピーに染まろうか。ふむ。よし。

追記。どうやら疲れているらしい。
ちょっと見間違えたのかよく読んでなかったのか。日付を勘違いしたのか。
ううむ。世の中には不思議がたくさんです。


それでは拍手返信です。ありがとうございます。

Read More »

『秋、はらむ空』 四章 君以外に大切なものなんて……1

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

四章 一話「一欠片だけの気遣い」
雪の日、なのはは拘置所を訪問する。
そこで悟ったいろんなことになのははさて、どうする。

――「聖王陛下はお元気ですかあ?」

Read More »

『秋、はらむ空』 三章 白紙の親子……4

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

三章 四話「焔の中の凍え」
会いたいよ、ヴィヴィオ。なのははずっと想ってる。
ヴィータの存在はなのはにとってどれだけの救いになったかしれない。

――ちゃんと帰ってくるよ、絶対に絶対。

Read More »

『秋、はらむ空』 三章 白紙の親子……3

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

三章 三話「灰のような想い」
ヴィヴィオ視点。べ、べつになのはさんのことなんて気にしてないんだからね。
それにしてもヴィヴィオの本好き設定は個人的にはかなり嬉しい。

――「重要なのは、その人を真っ直ぐに見て名前を言えるかどうかってことだからな」

Read More »

『秋、はらむ空』 三章 白紙の親子……2

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

三章 二話「煙が晴れて」
模擬戦やるよー。まずはヴィヴィオからやろうか。
そんな爽やかなものはこれっぽっちもないけど、ヴィヴィオに罪はない。まったくない。

――「模擬戦をしてください」

Read More »

『秋、はらむ空』 三章 白紙の親子……1

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

三章 一話「焼かれた記憶」
ヴィヴィオと再びの邂逅。原因も理由もなにもかもわからないけど、そこになのはがいて、ヴィヴィオがいるということこそが重要だ。

――私の心はどこまでも正常に、正確な音を刻んで動いている。

Read More »

拍手返信なの77

三章まできましたね。でも三章はみじかいですぞー。
四章からは一話一話が長くなるかと。

それでは続きより拍手返信です。

Read More »

『秋、はらむ空』 二章 烙印は指に残される……8

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

二章 八話「繰り返し、繰り返し」
愛しい人の存在はいろんなものをぐちゃぐちゃにする場合だってあるんだ。

――そこにある想いが偽りでなければいい。

Read More »

『秋、はらむ空』 二章 烙印は指に残される……7

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

二章 七話「心に咬みつく」
ティアナの話。意識的に、あるいは無意識的になのははティアナを奪う。なのはがその気になれば、不器用な部下の心くらい奪える。そう、今は思っていてほしい。

――遊びなんてまっぴらだった。

Read More »

『秋、はらむ空』 二章 烙印は指に残される……6

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

二章 六話「限定一の偽り」
はやて視点。はやては分かってたんだ。自分がおぼれたらすべてが崩壊してしまうことをね。
がんばった彼女を認め、褒めてあげてほしいと願う。

――フェイトのようになのはのことだけを見ていられれば、ヴィータのように純粋に想っていられれば楽だったのに。

Read More »

『秋、はらむ空』 二章 烙印は指に残される……5

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

二章 五話「消えていく特別」
特別なんてない方がいいと、そうは思わない?

――「今度もし部屋に来ることがあれば、はやてちゃんの心をもらう」

Read More »

『秋、はらむ空』 二章 烙印は指に残される……4

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

二章 四話「自分だけの彼女」
フェイト視点。なのはの笑顔を一番求めていたのはフェイト。だから失われて一番苦しかったのもフェイトだった。そうしてフェイトはこっそりと、自分が奪ったのにね、と自嘲の笑みを浮かべる。

――なのははすべての慰めを拒絶していた。

Read More »

『秋、はらむ空』 二章 烙印は指に残される……3

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

二章 三話「鮮血の落涙」
なのははフェイトのこともヴィータのことも、他の皆のことも大好きで大切で、自分自身となら簡単に秤にかけられるのになあといつも考えていたんだよ。

――落胆も絶望も、ヴィヴィオが笑いかけてくれることに比べたらなんでもない。

Read More »

『秋、はらむ空』 二章 烙印は指に残される……2

『秋、はらむ空』 各タイトル⇒目次

二章 二話「透明な痕」
ヴィータ視点。純粋に歪んだ心。
八年の間に病んでしまっていたことに誰も気づいてなかったことが、いちばん悲しい。

そのうさぎの名前は――。

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたらメールフォームよりどうぞ。
うまく送信されない場合は、下まで。
kana_nanoなのart.707.to(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。