2011-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのはとヴィータがすき

真紅の花は、最初はこれなのヴィだといいな、という願望を抱きながら、だけどきっとはやてなんだろうなとおもってたんです。
けどそのうち、これやっぱりなのはなんじゃないの?と思い、今時間を置いて改めて歌詞を読み返すと、はやてにしては合わない部分が多々、そしてなのはだとぴったりな部分ばかりが見つけられる。
はやてとヴィータの家族ソングでもぜんぜんいいとおもってたけど、……。これはなのはへのラブソングでしょう。

なのはへの想いは、はやてからの愛に支えられてもいる。と。
そんな歌に聞こえました。
愛しい主のはやてがいて大切な仲間がいて、そんな自分だからもうなのはを前みたいに傷つけない。なのはを傷つけてしまわないよう、護るんだ。いろんなものを与えて、教えてくれたなのはのことを。
そんなね。

リリカルなのはのことを考えてるとどうしても想いばかりが燃え上がります。
ああ、なのはについて語りたいw
スポンサーサイト

言葉が気持ちに追いつかない。

とりあえずPCを机の上に用意してみる。
いつものスペースに。いつもの場所に。
それからなのはのまとめたBGMリストを聞いてみる。
目の奥がしらずに潤んで、ああ愛しているんだな、と思った。今でも変わらずにずっと。
だってなのはさんのフィギュアがいくら大きくて邪魔になろうと、とても押入れの奥になんてしまう気がしない。

……と、どれだけ格好をつけてもこんな平凡な文章しかかけなくなっていても、本をやっと読み始めたばかりだとしても。書いているのが幸せなんだと分かってしまったのです。
自分はかっこつけらしいです。好きなんです。いいじゃない、文章くらい、ね?
別に前髪を流して、フフ、とか言ってないしさ?まあBJのフェイトさんなら悪くない。


さてさて。
久しぶりの記事なのに拍手ありがとうございました。
ここ半年ほどのコメントを読ませていただきました。もう返信するのも申し訳ないくらい以前のものもあったり、つい最近くれたものもあったりと時期はいろいろですが、励みになりました。
なんだろう、泣きたくなりました。
決してなのはのBGMを、「大丈夫だよ」を聞いているからではなく。いやどうだろう?

これからコメントいただいたら返信していきたいと思います。
当然のことですが、そういうこともやれていなかったので……。
まだ小説をときどき読んで下さる方がいると知り、とてもうれしかったです。
本当にここを、本館のサイトを見てくれている方すべてに感謝の意を込め。それから期待するようなものではないかもしれませんが、ぽつぽつ、たまにですが小説を更新していきたいです。

そうそう、久しぶりすぎて、ちょっと考えてしまいます。
自分の書きたいものはなんだろうなあ。って。そういうこともいろいろ考えていかないと。

それでは次に記事を更新するときは、小説をあげられるといいな。
あまり周りの目を気にせず、変わったな、ちょっとがっかりだな、と思われても、ちょっとずつ書いていって、自分の文章を作りなおしていきたいです。

お久しぶりです

ずいぶんと長い間ネットが繋がらない状態で、記事も小説もなかなかあげられないまま……。
もうここを見てくれている人はいないかな、なんて思うのですが、何も連絡なく更新停止ということになってしまったので、記事としてあげておくことにしました。

更新のない間、ついこの間のことなんですがなんとか仕事に就くことができたのですが、反面体力的にも厳しかったりするし、環境的にも以前のようにのんびりといすに座ってなのはや、小説のことだけを考えるということができないのです。
好きなことができなくなるというのはとても辛いことですが、なんとか生活をしないといけません。
それでいつかお金をためて猫と一軒家でのんびり暮らせたらいいなあと。
本を読み、小説をかきながらね、そうできたらいいと思います。

心身ともに余裕ができたら、初めて文章が書けると思います。
もちろん、心身ともに追い詰められてこそかけるのだという人もいると思うし、甘えだとも思うんですが、これは仕事ではなく趣味なのでそうしたいとおもいます。

このサイトにあげる一番の情熱、リリカルなのはのDVDを観返す時間というのもなかなかなくなりました。
他の方の小説や本も読めません。
そんな中書いた文章にどれほどの価値があるんだろうな、と自分で考えてみたところ、やっぱり今はかけないと思いました。
小説についての感想にさえコメントを返すことができないと思うのです。

こうして短い報告みたいな文章を打つのもとても久しぶりなので、うまく皆さんに伝わっているかどうかも分からないのですが、少しでも私の今の状況を分かっていただけたらと思います。
分かって、そーなのかと、頷いてくれたらとてもうれしいです。
そしてもしよければまた気の向いたときに覗きにきてみてください。
もしかしたらそのとき、一本の話が上がっているかもしれませんし、なにも変わらないままこの記事がトップにきているかもしれませんが、いつかいつかと自分でも信じています。


うーん、とりあえずね、まとめるとですね。
何もほかの事を考えず、とらわれず、ただ一人の世界に没頭して小説書きたい!
そして書き上げたそのとき読んでくれる人がいてくれたらとても嬉しい!
ということです。

長くなりましたが、このあたりで失礼します。
読んでいただきありがとうございました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。