2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所で。

ふと思いついたなのティア。ティアナin高町家でのありふれた日常の一コマ。
軽く読み流していただければ嬉しいです。だって妄想だから!
ティアナはたぶんフェイトさんに次ぐ変態でMだと思うんだけどどうだろう。
はやては自分の中ではかなりの淑女なのです。なんというか真面目。どこでそんなイメージがついたんだろう。StSのシリアスはやてに影響されたかな。
と、これはティアナの話です。

短くはありますが、よければ続きよりどうぞ。



 台所で。


 なのはさんは軽快なリズムを刻みながら、菜箸で野菜をかき混ぜる。換気扇の稼働音とともに、手早くフライパンの上で鼻歌を歌う。
 それはなのはさんの家で一緒に夕食を作っていた時だった。
 卵の入れ物としてあるプラスチック性容器がどうにも開きにくく、つい力の込めすぎで手が滑ってしまう。つーっと指の腹を赤い滴がいくつもの道を作る。まな板に零れてしまい、白いそれが鮮血に染まった。無論そのことに気付かない彼女ではない。フライパンで炒め物をしていたのを中断してまで来てくれる。
 今日はオムライスだった。鼻先を良い香りが掠めていたけれど、今自分の神経は人差し指に集中してしまっている。じくじくと痛む指先をもう片方の手で押さえているところに、声がかかった。
「ティアナ?」
「す、すみません。大丈夫です」
「大丈夫って、……ちょっと貸して」
「あ、なのはさ――っ」
 指を持ち上げ、唇でそっと挟むようにして咥える。と同時に、柔らかな感触と微かな痛みを感じた。私は無意識の内に瞼を閉じ、身を縮めた。撫でるようになのはさんの下が傷口を辿っていく。
 きっと好意でしてくれている。私を大切に思ってくれていて、だからなのはさんはやましいことなど一切考えていない。だのに私の思考は歪み、勝手に艶やかな溜息が漏れる。俯いて肩を震わせる。昨晩狂うほど抱いたばかりだというのに、身体の芯は早くも疼き始めていた。
 このままなのはさんを押し倒してしまいたい、そんな欲望が脳内を満たす寸前に、なのはさんはゆっくりと指から顔を離す。
「ん、血は止まったみたいだね。あとはバンソーコーを貼るといいよ」
「は……、い」
「じゃあティアナは向こうへいってヴィヴィオと遊んでいてくれるかな」
「え、大丈夫ですよこのくらい」
「だーめ。私がティアナのこと気になっちゃうからね、集中できなくなっちゃうよ」
「あぅ……、分かりました」
「うん、ありがとう。それじゃあすぐできると思うから」
 言われて大人しく居間に戻ると、ヴィヴィオがすぐに駆けてくる。かわいらしい様子に頭をなでながら、ぼんやりと先ほどされた行為に思いを馳せる。
 未だに残る感触は、しばらく消えてくれないだろう。
「はぁ……」
 勝手にこぼれるのは、先ほどとは違う意味での溜息。
 生殺しの目にあった私は、ヴィヴィオの如何にも不思議そうな視線を受けながら、とりあえず熱い頬を沈めることにした。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●

夫婦そろって台所とは、ベスト ザ 新婚。
『昨晩狂うほど抱いたばかり』って、ティアナが攻め?
そ、それもイイ。年下攻めってイイ(鼻血)。

なのティアの日常話GJ!!
西野さんのSS最高でした!!
白なのはと黒なのはってのもいいかも( ̄ー ̄)

背景描写がまた細かくて良いですな。
ティアの思いを受け流している様な、でもなのはは性格上突き放すことが出来ないと。
( ̄~ ̄;)ウーン・・・

珍しいグッドストーリーな日常。
可愛いティアナと白なのは、良いですね。

>ユリかもめさん
新婚いいですね!
もう時間があれば恋人の家に通う若旦那みたいなイメージでwティアナはなのはさんと会うために口では言わないけど時間をせっせと作っていそうです。
そしてもちろんティアナが攻めです。

>縞リスさん
ありがとうございますm(_ _)m
黒いなのはさんも白いなのはさんもどちらも好きです。だってなのはさんだから。
ティアナは心を許していくうちに、つっけんどんな態度をとることもあるけれど、基本べた惚れです♪

>銀杏さん
背景描写を書くのは大事ですし、あと個人的に好きですよ。書きすぎに注意なんですが(汗
ほら、なのはさんは他の人の自分に対する好意に疎いから。。そのくせ自分は優しさ全開で接するものだからたまりません。
ティアナもくらくらです。

>月夜さん
どうしても話になりにくいので書くことは少ないですが、平穏な日常というももいいですよね。
なのはさんと相対している時のティアナの可愛さは異常かと!


管理者にだけ表示を許可する

拍手返信なの18と、 «  | BLOG TOP |  » 命を吹き込まれた落葉

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。