2017-08

猫と主と変質者。

白い悪魔、金の死神、黒い天使。
自分で考えておきながら、なんともな呼び名だと思った。
今度ちゃんとした二つ名を考えよう。なのはさんの。

そういえば修羅場が好きでありながら、なのは・はやて・フェイトの三人が織りなす修羅場というのは書いていないんですね。なのはやに分類してる『Sky Tears』はまだなのは視点ができていないから、書いているとはいえないし。
自分の中で修羅場といえば
◇なのは・フェイト・ティアナ→ティアナ悲恋。ヤンデレ。
◇なのは・フェイト・アリサ→両者不幸END。
◇なのは・フェイト・ヴィヴィオ→フェイトさんになのはさんは渡さない(byヴィヴィオ
……あれ、みんな幸せになってない。あとフェイトさん自重。
フェイトVSヴィータは微妙なところなのです。

そして小説はですね。
えろげの「銀色」をやったせいで、変な方向に行きそうです。いろいろと感銘を受けてしまったので。いや、バッドにするつもりはまったくありませんが、ううん。もちっとかかりそう。
「銀色」。死によって涙を誘う手法は好きではないんですが、この作品の凄いところは別の部分にあるんですね。素直に泣けました。

ふむ、なのティア。今書いているものは完全なパロディなので不安だけど。
大丈夫だろうか。。(;-_-)*\


続きよりちょっとした小話。SSとも呼べぬほど拙いものですが。
以前クリスマスSSで書いた猫なのはの番外です。
とりあえずフェイトさんの扱いが酷い。



猫と主と変質者。


日常があった。

早朝、目が覚める。
特別に用意してもらった寝所で欠伸をすると、とことこと主の元へと歩いていく。ドアを前足でこじ開け、部屋に侵入する。
気持ちよく眠っているご主人様。はやてちゃんのベッドに飛び乗り、頬に鼻先を近づけた。つんと触れる。
年よりは幼く見える寝顔。なんだかまた眠くなってきて、主の布団の上に腰を落ち着けようかとしていると、突然身体をがっちりとかためられた。
「っ」
ぬ、抜けられない。
いったいどんな力を込めているのか。
それでもどうにか抜け出そうとしていると頭上から、なのはちゃん、という優しい声が聞こえた。
「なのはちゃん」
その声に私はどうでもよくなって、それにあたたかくて。微睡みに沈んでいく。
毎朝繰り返されることだというのに、ちっとも学習能力がないなあと、自身に呆れながら。

昼ごろになると、滅多にない来客が八神家に訪れた。ドアに向かうはやてちゃんに付いていくと、現れたのは長い金髪をした人。友人だろうか、優しそうな表情をしている。
主とその人が何言か交わした後、その人は私に気がついた。視線が向けられる。
「はやて、この子は」
「ああ、最近フェイトちゃんうちにきてなかったもんな。この子は私の家族の、なのはちゃんや」
――家族。
以前までずっと拒絶していたものが、今は酷く暖かい心地がする。
「なのは……」
「ああ。せやから仲良くしてやって――」
「お、……」
「お?」
にゃ?
「お持ち帰りぃいいいいいい」
「うにゃ!?」
前触れも何もなく、その人に抱きかかえられる。突然のことに私はその人の腕を掻きむしった。それでもその人は放そうとはしない。
「……うぅ」
はやてちゃんに助けを求めるよう視線を送る。……までもなく。
「許すかっ!」
奪還。
はやてちゃんはその人の顎に撃を食らわし、その腕に収められる。
うん、やはりここがいい。
「何考えとんのや」
「う……、なのは可愛いよなのは」
「壊れたか。ほななのはちゃん、こんな危ない人放っておいて向こう行こうな」
と、扉を閉めた。どうやら友人ではなくただの変質者だったのかもしれない。そういえば自分を見た時の反応は、通常のそれではなかったようにも思う。可愛い顔をしているのに勿体ない。
私は納得して、はやてちゃんの胸に甘えることにした。

だがその日の晩、あの変質者が部屋に忍び込んでき、大変な騒動になった。
「なのはちゃん、変態には気をつけんとあかんよ?」
うん本当にそうだね、はやてちゃん。
まだ何か呟いてるし、しかも私の名前だよ。
誘拐未遂に安眠妨害。加えて、せっかくはやてちゃんが家族になった暁にと用意してくれた寝床のぶち壊しは到底許せるものではない。
頬にひっかき傷を刻まれながらも幸せそうな面持ちのまま、氷漬けにされたその人を見下ろしながら、主の腕に抱かれた私は心から頷いた。

とりあえずそんな他愛ない日常だけど、私は幸せです。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●

ちょwwフェイトさんwww
まるでティ・・・じゃなかったレ(ry
でも前回のシリアスみたいな感じではなくコミカルに来たので思わずそのギャップに吹き出しました(笑)
ていうか微妙にフェイトさんを応援したい僕がいるwww
あれ?なんかゲートボールが外を飛んでる・・・
あれ?なんかこっちに・・・

自分もKATANAさんと同じようにフェイトを応援しちゃってますw
頑張れ~金色~!
>西野加奈さん
これだけ可愛ければ十分萌えでございます。自分も思わず内なるレナを召還しかけました。お、お持ち帰--なっ、この季節に氷結魔法だとぉぉぉ!

とまあ、固まっちまう前に遺言を残して去ろうと思います。
ではでは!(←遺言w)

>KATANAさん
ティアナ?レイハ?
猫なのはでこれ以上シリアスを続けるのは辛抱たまらなかったので、ライトにしてみました。ここのフェイトさんは相変わらず報われません。
応援……、してやってくださいw
はやて・ヴィータ・シグナム・シャマルもにゃのはに夢中で、フェイトさん、今のところ応援者ゼロなのでw

>垂れ坊さん
金色の死神もとい、閃光さんは、きっと頑張ります。にゃのはを手中に収めるために。
でもにゃのはははやて一筋です。
『残念だったね……』
という誰かの言葉にもめげずに頑張るのがフェイトさん。
って元ネタひぐらしだったんですか!知らずに使ってました……ううん、そんなことを言うキャラだったのですか。にぱーとか嘘だとかは知ってましたが。
「あとお持ち帰りはさせへんよ」
あ、ラグナロク発動したみたいです、それでは垂れ坊さん、よい空の旅を。

可愛いですね~なのは♪
さっそく心をさらけ出しまして、お持ち帰りーーーー!!!
ヴ「させるかっ!」
月「そこっ!」
ヴ「なっ!?」
月「ヴィータちゃん、ゲットー☆」

※皆さんがなのはちゃんを取り合っている間に、ヴィータちゃんを頂きました♪ by月夜
―――――――――――――――――――――――
なんて、置手紙のような感じだと思ってもらえれば(笑)
今回のようにコミカルなフェイトちゃんもとても良いですね。
次も頑張って下さい。

P.S後少しで完成ですよ、小説☆

>月夜さん
だが残念ながらヴィータはなのはにめろめろなのです。
身体は手に入れても心は(自重
こういうギャグちっくな話は書くの苦手なので、練習でした。
自分はやはりシリアスやら修羅場やら病んでるのやらを考えたり、書くのが好きみたいです。
これからもがんばりますよ!
そちらもがんばってくださいです。


管理者にだけ表示を許可する

小説じゃねーです。 «  | BLOG TOP |  » 拍手返信なの27

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area