2017-08

摩擦熱

バレンタインネタを書きそうに無い上に、書いたところで甘くならないこと確実なので、今のうちに小ネタとして書いておこう。
自分の書く甘い話というのはこの辺りが限界みたいです。

ヴィータ×なのは。なの受けが好きさ。
可愛いなのはが書きたかった、ただそれだけの理由で書きました。
いやもうぶっちゃけなのはさんが可愛ければいいのではないかと思ってみたり、するのだよ、うん。はい、そんな感じで。

短いですが、もしよければ続きよりどうぞ。



 摩擦熱


 八神家のインターホンが鳴る。
 だがはやてはもちろん、シグナムやシャマルは全く炬燵から出ようとしない。溜息をわざとらしく吐き出し、あたしは寒がりながらも仕方なく炬燵から抜け出した。ヴィータちゃん頑張って~、とか、ヴィータ頼むなあ、とかそんな声が背中から聞こえてきたけど黙殺してやる。まったくもって素晴らしい家族だ。おもに怠け者ばかりという点で。ザフィーラは……今日は仕事だ。この家では、働き者のザフィーラだけが頼りだ。むしろ心の友だ。だがその心の友は今日はいない。
 あいつがいたら、客の応対は任せられるのに。と思ったのは勿論内緒であるが。
 
 ――雪が降っていた。
 触れれば簡単に溶けてしまいそうな雪が降っていた。ただその雪は、実際に手の平に乗せてもなかなか溶けない。それもそのはず、踏んでしまった部分は泥と混じって茶色く濁ってしまっていたけれど、未踏の地には白銀の絨毯が敷き詰められていたのである。
 綺麗だった。雪が、そして雪の向こうで佇むなのはが。
 玄関の扉を開けると、そこにはファー付きのジャケットを着込んだなのはが立っていた。手には小さな袋があり、あたしは何となく中身が想像できたけど、唇は凍ってしまって動こうとしなかった。
 寒いから。だから、気の利いたことの一つも言えないまま、じっとなのはの言葉を待つしか出来ないのかもしれない。
「上手く作れているかわからないけど」
 香ってくる甘い匂いで、丁寧に包装されたそれが何であるのかが分かった。そう言えばテレビでは特集をやっていたんだったか。
 自分よりも更に唇を凍らせながら、それでも懸命に伝えようとする。袋をこちらに差し出しながら、なのは強張った頬を動かして無理矢理に笑う。あからさまに緊張していることが分かるのに、あたしはやっぱり気の利いたことが言えない。間の抜けた声が出るだけだった。
「……なんで」
「チョコレート。今日はバレンタインだから」
「知ってるけどさ、なんであたしに」
「私からじゃ嫌かな」
「……そんなわけ、ないだろ」
 なのはの瞳の表面に浮かんだ涙に気付いて、あたしは否定した。今にも零れそうな涙が、いっそ凍って零れずにいてくれと願いつつ。
「受け取ってほしいよ、ヴィータちゃん」
「……ああ、ありがとう。なのは」
 ――だけど涙は、融解して。
「っ、ヴィータちゃん……っ」
 心の摩擦によって生まれた熱で溶けてしまったかのように、ぼろぼろと涙をこぼした。あたしは慌てて袖で拭ってやる。
「ば、っ何泣いてんだよ! あ、あたしか? あたしが泣かしてんのか!?」
 拭っても拭っても止まらない涙は、だけど悲しいものではなく、むしろ。
「う、っく、ご、ごめんね……ごめん、嬉しくて」
「……ああ、もう」
 ――嬉しいような。
 幸せでたまらない気分になる。
 不謹慎だろか。だけどやっぱり、この涙を見ていたいという気持ちは嘘じゃなくて、それ以上に、なのはを抱き締めたいと思う。誰が見ているとも分からない路上で、せり上がる羞恥心よりも抱き締めたいという欲求が勝ったあたしは、寒そうななのはの身体を包んでやる。
 まったく、なんて可愛いんだろう、こいつは。
 普段は茶化したりあたしで遊んだりするのに、こんな時ばかり乙女のふりをする。可愛く肩を震わせる。抱きしめたくさせる。……このまま放したくなくなるくらい、心に直接なのはが触れてくるんだ。その手を掴んで引き寄せて。口付けたいくらいに。
 こんな可愛いやつだから、誰にもやれやしない。
 はやてにだってフェイトにだって――絶対に。
 
 雪だるまになったあたしとなのはをはやてが部屋に引き込んだのは、それから少し後のこと。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●

今回はベタですけれどそこが良い作品ですね。
さりげなくはやて達がヴィータに行かせている感じに見えるのも又、良い物ですわね♪
雪だるまになった二人が、二人揃ってくしゃみをしたところを想像したら面白かったです(笑)
次も頑張って下さいね☆

>月夜さん
甘々な話なんてパターンが限られてますから。。
不幸の形はたくさんあるけど、幸せの形は皆にている、と誰かがいっていました。
でもその似たパターンの中で、どれだけ自分の色を出せるかですね。
なので良いといっていただきありがとうございます!

そして、、
>さりげなくはやて達がヴィータに行かせている感じに見える
おお、気付いてくださった。
実はあれ、ご察しの通り、怠惰を装って、なのはとヴィータが一番幸せな形でチョコレートを受け渡しできるようにと促したのです。
ほら、もしはやてやシグナムがでていたらとかんがえてください。
ヴィータはみんなの前で素直にチョコを受け取るでしょうか。
と考えると……はやて、なんて策士もとい子思いの親なのだろう。

このあとなのははヴィータに美味しく食べられました。

食べられちゃたのね(笑)
ヴィータが攻めだなんて珍しい♪
なのはちゃんは受けも可愛いですよね。

>月夜さん
ヴィータはいざってときには攻めです。
普段はツンデレでも、やるときゃやる女の子です。


管理者にだけ表示を許可する

拍手返信なの29と、 «  | BLOG TOP |  » 拍手返信なの28

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area