2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涸れた土

ティアナ×なのはです。
長編がうまくいかないので、少し寄り道をしてみたり。
ティアナが何かふつふつと考えてます。
その「何か」というのは決して明るくないです。むしろ虚空の穴の中にまっしぐら?
タイトルで察してくだされ。

よろしければ、続きよりどうぞ。



 涸れた土


 ――もう何度目の逢瀬になるだろう。
 なのはの手に触れながら、ティアナは考えた。
 冬の寒い日だった。雪こそ降っていないが、太陽は雲に隠れているし、隙間から差し込む僅かばかりの光など気休めにもならない。寒いのは嫌いだ。手が凍えて動かない。だから寒いのは大嫌い。
 だってあの人に触れる口実ができてしまう――。
 寒い日でも強張らない彼女の笑顔に、ティアナは目元を歪めて笑う。彼女の前だと、ティアナは上手く笑えない。あの親友の前なら何も考えずに文句を言ったり、殴ったりできるのに、彼女に対してだとうんざりするほど臆病になってしまう。それが彼女には分かっているのか、いつも手を繋ぐのは彼女からだ。
 柔和な微笑みがティアナに向けられる。恥ずかしくて、ティアナはふいと顔を背ける。しかしティアナの赤く染まった耳は、手を繋いで歩くこの人にはばれてしまう。彼女は握る手に力を込めてくれる。
 胸が温かくなった、――だが一方で、ティアナは喉が凍りつくのを感じる。
 ティアナは自身の胸に浮かび上がる想いを、はっきりと言葉にできなかった。『大好きだ』という言葉さえこの想いには当てはまらない気がして、彼女といるとどうしても無口になった。しかし何も話さないでいると彼女は心配する。当然だろう。だからその度にティアナは虚空に腕を突っ込み、何か適当な言葉を探る。手に掴んだ言葉には大抵、埃が付いていて、ティアナはそれを払ってから彼女に見せる。笑ってくれる。ほっとする。
 ほっとするのに、ティアナはいつも泣きたくなった。
 もう何度目だろう。彼女と会うのは何度目になるのか。もう、何度こうして……。
 ティアナは考えて、彼女と会った回数を追えないことに気付いた。数え切れない程の逢瀬を重ねているのに、未だに好きだと言っていない。もちろんそれで彼女が今更不安になったりしないだろう。お互いの気持ちは分かりきっている。それだけの時間を重ねたし、触れ合いがあった。それでも彼女がその言葉を求めているのは、前に進みたいと思っているからだ。
 二人の間には大切な言葉だけが欠けていた。腕を穴の中に突っ込んでも、その言葉だけは掴むことを許されていない。そこにあるのだというのは分かるのに、ティアナには指を近づけることさえできなかった。
 好きだと言い、彼女の笑顔を見たいという気持ちは嘘ではない。だけどそれを上回る恐怖がティアナの中にある。
 怖かった。進みたいというのと同時に、ティアナは怖いと感じていた。自分の中に蠢く感情が、自分の手を離れてどこかへ行ってしまいそうだと思った。今はまだ制御できているが、言葉にした瞬間、それは高い空の向こうに飛んでいき、雲の裏側にまで潜っていきそうな気がするのだ。そこまで逃げられてしまうと、空の飛べない自分ではどうしようもない。飛び去っていく様を茫然と見上げるしかできなくなるだろう。ティアナにはそれらを鮮明に描けた。
 好きだという想いが強過ぎて、その想いは長い間胸に巣食っているうちに、何か別のものに変化してしまったような気がする。本当は気づいてはいけない何かに、段々と変わっていっているのではないか。それがティアナは怖い。
 何故ならばティアナの中にあるそれは、すでに恋ではなく――。
 哀しいことに、ティアナは彼女と会う毎にそれが濃いものになっていく様子を、はっきりと汲み取れた。
 しかしそれでもティアナは彼女に会った。何度でも時間を共有し、彼女と手を繋ぎ、彼女の笑顔を受け、彼女と寝たいと思っている。
 だからこそ、そこには一つの避けがたいものが存在する。そろそろ見ぬふりをするのは限界に近づいていた。
 ……好きだと言えば駄目になる。
 好きだと言わなければ、ではなく。
 ティアナはふと、自らの指に絡めたままの彼女の指を意識した。繋いだ時には冷たかった彼女の手が、今は温かくなっている。
「なのはさんの手はいつも冷たいですよね。繋ぐ前は手袋もしているのに」
「きっとね、ティアナに温めてもらいたくて、この手は冷たくなってるんだよ」
「そうですね、きっと」
「だから、ぎゅってして。絶対に離しちゃ駄目なんだよ。もしティアナの手を見失ったら、私の手は凍えて、腐っちゃうからね」
「……怖いことを」
「冗談だけど、でも真実だよ」
 多分そうなんだろうと思った。
 機動六課にいた頃は低かった自分の上背が、いつの間にか彼女を追い越していたのを発見した時。自分の魔法を誉めてくれた時。ティアナは抑えがたい喜悦を感じた。いや、特別な事じゃなくていい。日常的に起こる、ほんの些細なことこと――例えば冗談を言って彼女が笑ってくれたとか、そんなことでよかった。そんなことで、ティアナは幸せな気分になれた。でも同時に、そう。口元に指を持っていって笑う彼女の姿を目にした時などには、どうしても手に掴めないあの言葉が浮かび上がってしまったのだ。その度にティアナは混乱し、憔悴する。言えないのに、ほぼ強制的に浮かんでくるなんて、酷な話だ。
 ティアナは彼女とデート(と呼んでもいいのか分からないが、他に適当な呼び方がティアナには見つからない)をする度に、そうした二つの相反する気持ちが胸に詰め込まれ、疲れ果てる。これではまるで身を磨り減らすために彼女と会っているのではないか、とティアナは思う。思っても仕方ない。馬鹿な事をしている自覚がティアナにはあったのだから。
 だからこれは我が侭の一つ。それでも会いたいというのは、ただの我が侭。
 ――あの人に会いたくて仕方がなかった。「ティアナ」とあの人が名前を呼んでくれるだけでいい。思いついたように笑顔を向けてくれるだけで、どんな重たいものが胸に詰め込まれようと耐えることができた。だから自分の事はどうでもいいのだとティアナは考える。なら自分にとって重要なのは、自身の方ではなく彼女だ。
 彼女は待っている。たった一つの言葉を待っているのだ。ずっと何年も何年も何年も。笑顔が擦り切れるくらい彼女は待っている。そのことをティアナは知っている。
 それでもティアナには、確信に近い考えがあった。
 ――好きだと言えば駄目になる。
 そして言わなければ彼女を悲しませる。
「……はは」
 ティアナは、自分がどちらを選ぼうとしているのかが分かって、知らず笑いがこぼれた。多分、最初から決まっていたんだと笑った。考えるまでもなく。
「冬があと少し暖かければよかったのに」
 ティアナが言う。そうだね、となのはが空を見上げる。
 冬がもう少し暖かければこんなにもお互いが近づくことはなく、彼女の切実な訴えを“うっかり”見逃してしまうこともあるのに。
 そんな愚痴だか言い訳だか分らないものは、あの虚空の中に投げ込んでしまう。いつもそっちの言い分を聞いているんだから、これくらいいいでしょうと律儀に断わって。
 ティアナは空を睨んだ。それから彼女の手を引き、再び歩き始める。
 頬に微笑をたたえ、いつも自分を嬉しくさせてくれるなのはさん。その彼女にしてあげられることが分かっていながらそうしない自分に気を腐らせながらも、いつも通り彼女を抱き寄せた。
 雪の降らない、だた寒いだけの日。彼女を抱き締めながらティアナが考えていたことといえば、この人を幸せに出来るのはおそらく自分以外の誰かなんだろう、ということだった。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●

う~ん、読んでいて切ない気持ちになりましたよ。内容にも文章構成にも惹かれるものがありました。
いつか加奈さんの様な文が書けるかなぁ・・・

>らささん
そう言っていただけると、かなり嬉しいです。ありがとうございます。
といいますか、、まだ自分は見習われるほどのものが書けている自信はないのですが。。
アドバイスとするなら、やはり本を読むとよいです。
ただ読むんじゃなくて、それらを吸収しようと読むとか。そうして表現力とか、語彙とかを少しずつ増やすとかですね。
あとはたくさん書くしか。。
うむ、、すみません。あまりびしっとしたことがいえなくて(×□×;)


管理者にだけ表示を許可する

別の世界を願うなら 設定など «  | BLOG TOP |  » 拍手返信なの34

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたらメールフォームよりどうぞ。
うまく送信されない場合は、下まで。
kana_nanoなのart.707.to(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。