FC2ブログ

2020-02

別の世界を願うなら―0

第〇話「悠遠なる熱」
各タイトルはこちら⇒目次
なのはとティアナの物語。パラレルです。
もしよければこれからしばしの間、お付き合いいただければと思います。

これはプロローグ的な話。
それでは続きよりどうぞです。



 別の世界を願うなら

 0.悠遠なる熱


 無心に街をふらついたあと部屋に戻ると、ドアの前に少女がいた。
 扉に背を凭れた彼女はマフラーをのぞけば装飾一つない簡素な恰好で、小さなバッグ一つを抱えて立っていた。尤も、整った顔の彼女の美しさはそれだけで際立って見えたのだが。
 寒い日だった。雪こそ降っていないものの、身のあちこちが軋むように冷え、実際に指の先の方が凍えていた。今まで外に出ていたことを後悔しながら、部屋に着いたら真っ先に熱いシャワーを頭から浴びようと考えていたのである。鉄筋の階段を踏みしめ、吐く白い息さえ煩わしくなってきていた。そこにこれだ。
 しかし私はこの少女を知っている。ティアナとはひと月前にライブの帰りで出会った。ティアナは私が歌うバンドのライブに、友人と来ていたのだ。
 私はしばらく状況が飲み込めずにいたが、やがてつい二時間ほど前に連絡をしたことを思い出した。そういえば自分から会おうと言ったんだった。私はそのことをすっかりと忘れてしまっていた。
 彼女はこちらを凝らし見ている。綺麗な目だ。自分とは違い、澄んだ“空っぽ”の瞳をしている。
 まあいいか、と思う。まあ熱いシャワーを彼女と浴びたとしても、別に大して変わりはしないだろう。
 私はドアを開けて彼女を部屋に上げる。服を脱ぎ、また彼女の服も脱がせると、腕を引いて浴室に行った。腕をつかんだ時に彼女の体がびくりと震えたが、おそらく手が冷た過ぎたせいだろう。彼女の腕は暖かかったから、熱を奪ってしまったのだ。でも手と腕が触れ合うくらいでは暖かくならない。だから湯を浴びる。熱いシャワーを浴びて湯に浸かれば、たちどころに寒さは剥がれ落ち、体に熱が宿る。
 指先がしっかりと動くようになると、私はティアナの手首を壁に押し付けた。今は彼女の背中が見える状態だ。なだらかな腰のラインから形の良い尻が後ろに突き出ている。芸術のようなそのラインを私は指でなぞるが、まだティアナと私との間に温度差があった。同じ湯を浴びているのに、ティアナの体は私の指先よりもずっと熱い。そこに私は微かな違和感を覚えた。その違和感は、行為の始まりから終わりまで付き纏い、どうしても離れなかった。後ろから腰を抱え込んでも、湯船に浸かって内股をまさぐろうとも、だ。指に水とは違う、とろりとこぼれてくるものをそのまま口に運び、舐め取っても駄目だった。
 仕方なく諦めて浴室を出て、寝間着に着換えベッドに腰を下ろした。髪を適当に拭くとそのまま上半身を倒して窓を見る。カーテンを突き抜けて入ってくる光は白くて美しい、どこか物悲しさを含んでいる。
 ティアナが部屋に入ってくる気配を感じたけれど、無視をする。彼女は何言かを言ったが、私はどうでもよかったので聞き流していた。彼女は溜息を吐いてベッドに横になった。そのうちに寝息が聞こえてきたので振り向くと、彼女はすでに瞼を落とし、眠りに入っていた。月の光を浴びた彼女の髪は、銀朱に近い輝きを放つ。それは風景画のように美しく綺麗な光景だというのに、どこか月明かりのように哀しくなった。
 夜になると、部屋にはいつでも月明かりが零れていた。分厚く引かれたカーテンの丈は明らかに窓に合っておらず、夜天に二つ寄り添った月の光は、隙間を縫って部屋に潜り込んでくる。故に、全ての電気を消そうともこの部屋で明かりが途絶えることはない。唯一、雨が降る時だけは暗黒が訪れた。雨の日は、だから落ち着かない。いつもある光がないから。あの光は私を悲しくさせ、そして落ち着かせてくれる。
 ティアナが隣で瞼を落としていることを確認し、それから堅く布団を握り締めた。眼瞼を落とす。そして私はいつの間にか眠りについている。


 ⇒1.名もなき詩人1

● COMMENT FORM ●

おおっ!ついにきましたね~♪
密かに楽しみにさせていただいてましたので、わくわくしておりますっ。
何だかなのはさんが随分と冷めてる感じでぞくぞくしちゃ(殴…睦月はこういうなのはさんもめっさ好きなのですよねー。あは。
ティアナとどうなるのか楽しみです。それにしてもなのはさんは何か過去にあったんでしょうかねぇ?

いや~でもさすが西野さんっ。相変わらず綺麗な描写で惚れ惚れさせていただきました。
続きの方も楽しみにしてますね!

では、これでー。

なのはの誕生日を普通にスルーしてしまったため、一日遅れで祝った垂れ坊です。くっそう……油断してたぜ!

前々から話題になっていたパラレルがついにきた! うっほう!
というわけで早速読ませてもらいました。
むっ、なのはさんが妙に冷めてるな。というよりいきなりティアナを浴室でってちょwwwなのはさんwwwエロいっすwww
それでも終始冷めきっていたなのはさん。いやはやホント、どうしたんでしょうか?
とはいえまだまだプロローグ。これからの展開を楽しみにさせてもらいます! ではでは!

>睦月さん
たた、楽しみにっ?ありがとうございますm(_ _)m
冷めたなのはさんは素敵ですよ~。自分も大好きです。
無表情にティアナを責めるとか。すきなのですよ。
なのはさんに過去は……たぶんあるかと。
ティアナもいろいろあるんですが、過去という意味ではなのはさんの方がメインですね。
そして描写…ありがとうございます!精進中ですので、嬉しいです。励みになりますよ!
これからも頑張っていきますので、できれば長い目でみてやってください。

>垂れ坊さん
とらハをプレイしていない自分は祝えませでしたorz
ごめんよなのは。
なのはとティアナのパラレル物語、どうにかできました(>_<;)
なのはさんが冷めているのは、昔いろいろあったというかなんというか、です。実は普段はそんなに冷めてるのが分かる人じゃないんですが、こういう時には心を出してしまいますからね。
その辺はそのうちにまた。
個人的に浴室で、というのは好きですね。特にシャワーを浴びながらというのはなかなか。泣いてもわかりませんからね。
これから一日一話づつくらいのペースであげていきますので、また読んでやってくださいです。
ありがとうございました!


管理者にだけ表示を許可する

別の世界を願うなら―1 «  | BLOG TOP |  » 別の世界を願うなら―目次

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:こねろく
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixivtwitter

Monthly Archive

11  09  05  04  03  02  01  08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area