2017-08

誰よりも君に笑ってほしくて

またもやなのヴィです。
カロリーオフさんのイラストに影響され、つい勢いで書いてしまいました。勢いだから短い上に文章荒いです、と言い訳をしてみる。
反省は…してる。でもいいやとも思ってる。
25話のネタバレがあります。
内容にそったストーリーというわけではありませんが、ネタバレがあります。ので見ていない方は、注意。

それでは下よりどうぞ。



 誰よりも君に笑ってほしくて


 息が切れる。肺に血が絡みつくような感覚。
 逆流するものを、もう何度吐き出しただろう。
「アイゼン……大丈夫か」
《Jahow》
 頼もしい言葉だった。ぼろぼろの体は自分と同じかそれ以上だというのに、アイゼンはなおもはっきりと応えてくれる。労わってやりたかったが、目の前のアレを壊さなければならない。
 義務感ではない。自分がそうしたいのだ。大切な人のために。
「こいつを壊さないと、はやてや、皆……なのはが困るんだ。だから、こんなところで倒れちゃいけねえんだ」
《ja!》
 リミットブレイク。鉄の伯爵を頭上に掲げ、思い切り振り下ろす。衝突による光の放流が起こり、傷ついた身体は更に軋んだ。だが引くわけにはいかない。自分には護りたい人がいるんだ。
「だからこんなとこで終われねえ。ぶっ潰せえええっ!」
 残り全てのカートリッジをつぎ込み、更に全身に力を込める。ばちばちと煩く音が駆動炉に響き、視界は黄やら赤やら桃やらの光が暴れる。
 もう少し、あと少しで壊せる。
 壊せる?否。断じて否。壊さなければならないのだ。
 そこで、何かが弾けた。小さな自身の体が吹き飛ばされる。
 なんとか空中で留まるものの、直ぐにかすかな魔力は途絶え、戦友も砕け散った。当然浮力を失った自らの身体は落ちていく。
 包むのは絶望感。自分の身体などどうでもよかった。ただ、駆動炉が壊せなかったことだけが悔しかった。
 ――ああ、また護れなかったんだ。
 涙が。痛くても辛くても、ずっと我慢してきた涙が。
 流す権利などあるはずもないのに勝手に溢れ出す。拭う力もない。ただ重力にまかせて落ちるのみ。
「ごめん、はやて。……ごめん、なのは」
 落ちていく衝撃と傷みとで意識を手放しかけ――寸前で繋ぎとめられる。
 気付けば自分は、酷く心地良い感覚に包まれていた。抱きかかえていると理解できたのは、ずっとあとのことだったが、今はそんなことどうでもよかったのだ。
「謝らなくても、いいよ」
 まるで物語のヒーローの如く現れた純白のエースオブエース。桜色の魔法光に包まれながら、微かな思考がなんとか認識する。自分を奮起させ、何度も立ち上がらせてくれた人、高町なのはがそこにいる。
 その人の姿を見つけると、瞬間張りつめていた何もかもが弛緩した。
「頑張ったんだよ、ヴィータちゃんは」
「な、のは……でも、あたしは護れなくて」
 我慢できずに顎を伝う雫を、払うことなく呟く。恥も外聞もない。誰よりも知られたくなかったのに、今はもう誤魔化す必要もない相手になっていた。
「鉄槌の騎士と鉄の伯爵がこんなに傷だらけになって、それでも護れないものなんでこの世界に存在するはずがないよ」
 ふと見上げれば、パキリという音と同時に、ひび割れていくものが視界に飛び込んだ。自分が先ほどまで懸命に壊そうとしていたものだ。
「だからもう、頑張らなくていいんだよ」
「……なの、は」
「よく頑張ったね、ヴィータちゃん」
「……馬鹿、何泣いてんだ」
 自分のは拭えなかった指が、ゆっくりと持ち上げられて彼女の目縁をなぞった。
「だって、すごく傷だらけで、血が……っく……うぅ……」
「お前には笑ってほしいんだ」
 なのはの顔を見て、ようやくわかった。
 ああ、自分はこの人の笑顔がみたくて、頑張っていたのだと。
 なのはは不器用に、それでも笑ってくれた。崩れたその笑顔にあたしもいつのまにか笑みを溢しながら、涙が伝うもう片方の頬を拭ってやった。
「うん、ヴィータちゃん……私、笑うよ」
 それだけで自分は、世界で一番幸せになれるんだから。

 意識が沈下していく。
 閉じる世界の向こう側に護りたかった人の笑顔が見えて、あたしは今までのどんな時よりも安らかな心地で目蓋を落とした。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

最近。 «  | BLOG TOP |  » 拍手返信なの2

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area