2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えない夕立ち

らくがきしてたら妄想がとまらなかったので、なのヴィのちょっとしたSSを。
妄想元のらくがき

珍しくヴィータが病んでない。てきとう三人称・会話文多めでお送りします。
短いですが、よろしければ続きよりどうぞ。



 消えない夕立ち


 道端に、うさぎのきぐるみを着た少女が二人。
 通気性の良い素材で編まれた服は、元々の愛らしい容貌をさらに引き立てている。
 夏の暑い日に、ちょっとした風鈴代わりのような声。二人は仲良く戯れ合っていた。少なくともなのははそのつもりでいる。もう一人の少女、ヴィータは抵抗しているのだが、問題というほどでもない。
 ヴィータだって、口元には隠せない笑みが浮かんでいたのだから。

「ヴィータちゃん」
「んー?」
 それは突然の質問。なのははいつだって質問を投げかけてきた。
 当然その中にはつまらないことも重要なこともあったのだが。いちいち取り合っていたのでは身が持たないことを経験でしるヴィータは、適当に返事をしつつ歩いていた。
 袖に手を通すときは胸が躍ったが、いざ外を歩くとなるとなかなか恥ずかしい。先ほどから何度も指を差されて笑われた。悪意ある微笑みでないのが救いだったのであるが。
「私のこと、好き?」
 そこになのはの質問だった。
「……何言ってんだお前」
「いや、そんな明らかに顔をしかめなくても」
「毎日言ってんだろ。好きじゃねーって」
「でも手を繋いでも逃げないでいてくれるし」
「ぐ……」
「なんだかんだでつきあってくれてるし」
「……それは。断るとお前うるさいし」
「ヴィータちゃんが優しいからかな」
「別に。そんなことねーよ」
「そっか」
「ああ」
「にゃはは。そうなんだ。うんうん」
「ちっ、含み笑いすんな。決まってんだろ」
 何に決まっているのか。疑問に思うなのはだが、話がそれそうだったのであえて聞かない。
「じゃあ、質問変えるね」となのははヴィータに向かって言う。いつの間にか手をつながれていたことに、ヴィータはその時初めて気がついた。
 しかし指摘するのも負けたような気がして躊躇われた。何より、別段嫌でもなかった。
「うさぎさんのこと、好き?」
「へっ。お前には珍しくいい質問だ。うさぎはアイスと同じくれー好きだな」
「はやてちゃんにもらったうさぎ以外も?」
 馬鹿な質問だ。ヴィータは笑い飛ばす。はやてのはもちろん特別に決まっている。だが。
「そうだな、それ以外のうさぎも好きだぞ」
「それなら」
「なんだよ」
 なのははさんざん勿体を付けて、気を引かせるように間を空ける。ヴィータは無意識になのはの言葉に神経が集中していた。だから聞き洩らすはずがなかった。
「うさぎの格好をしたなのはは、好きかな?」
 よく聞こえすぎたなのはの言葉は、セミの鳴き声にかき消されることはなく。
「は……?」
 ヴィータはひたすらに呆けている。
「ねえどう? 好き? うさぎと私を足したらプラスになる?」
 さらになのはが追及してき、ヴィータは頭を抱えたくなった。
 何か文句を言ってやりたいのだが、目の前のなのはは諦めそうにない。そして諦めなければいけないのはどうやら自分の方だった。
 なのははにこにこと顔を覗き込んでくる。
 そんななのはに背を向けると、「うっせー馬鹿なにょは!」と叫び、その場から走って逃げた。顔が赤かったのは悔しかったせいだ、きっとそうに違いない――と結論付けて。

 取り残された少女が一人。ヴィータの後姿を眺めながら苦笑する。
 ――ちょっとからかい過ぎたかな。
 既に遠くなったヴィータの小さな背中。跳ねるうさぎの耳と、首元でぱたぱたと振れるフードが可愛らしい。
 姿が消えるまで見届けた後、なのははあらためて自身のフードを被りなおした。今更ながらに、掌に残る熱を思い出し、握りしめてみる。そうしていると熱が身体の中に溶けていくような気がする。
 平和な夏の午後。少女の胸に一つの思い出を残し、どこにでもあるような風景とやり取りを交わし、一日が終わっていく。今日もまた昨日と同じような日。違うのは掌の熱だけ。
 夕立ちみたいに通り過ぎていかない想いに戸惑いながらも、少女は今日の出来事を胸に大切にしまった。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●

お久しぶりです!

西野さん、こちらこそ、お返事遅れて申し訳ないです。せっかくメールを頂いたのに、返すのが遅れに遅れてしまいました。


あぁ、この前の事については、気にしないで下さい。自分、時々空想(妄想?)をしてしまう事があるので。まぁ、そんな奴なんだ、ぐらいに思って頂ければいいと思います。


それでは、なのは映画化のニュースに物凄く喜んでいる今日この頃の凛でした。

PS.でも、なのはの映画って全国でやってくれるんでしょうかねぇ?近場でやってくれるなら、そりゃもう、休みになったら真っ先に飛んでいきますが(笑)

>凛さん
妄想は私もよくしますよ~。
主になのはさんのことで、むしろ日常茶飯事的にしてますw

映画化については、どうかなと。無印のパラレルということなんですが、とりあえずカッコイイなのはさんが見られれば。
アリサとか省かれてそうで、その辺は不安なのですが、まあ。
もし全国でなくても、DVD買えば問題ないかななんて思っていますよw


管理者にだけ表示を許可する

拍手返信なの53+リンク追加 «  | BLOG TOP |  » 語ろうとした震え

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたらメールフォームよりどうぞ。
うまく送信されない場合は、下まで。
kana_nanoなのart.707.to(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。