FC2ブログ

2019-11

描写する100のお題 002:さくらの花

描写する100のお題に挑戦中。
目次、またはお題について詳しくは上のリンクから。

なのはをおもうティアナの話。
夢と現実、さあどちらが幸せ?

続きよりどうぞ。



002:さくらの花


「桜といえば」
 なのはさんは桜を見上げる。陽に透けて白く見えるはなびらは、春を表し、また美しかった。
 しかし何よりも美しいのは見上げる彼女の横顔で。
 胸が痛むのは、春の風が彼女の髪をさらっていった瞬間で。
「機動六課解散のときも、桜の下でお別れしたね。覚えてる、ティアナ。後ではやてちゃんに『やりすぎや!』って怒られたの」
「全力全開手加減なしの勝負でしたから」
「仕方ないよねえ。それに桜が散っちゃっても、木さえ無事なら来年もまた花をつけてくれる。記憶は散った花びらだけでなく、その木の幹にも宿っている」
「はは」
「あ、なあにその乾いた笑い」
「いえ、なんだかおかしくて」
「なにが? 私おかしなこと言った?」
「花を散らした言い訳に聞こえます」
「にゃはは、ばれちゃった」
「でも、それならあたしも同罪です」
「……ねえ、ティアナ」
「はい」
「今執務官になったばかりで、忙しいんだよね。なのにどうして会いに来てくれたの?」
「フェイトさんに聞いたんですか?」
 こくりと頷き肯定するなのはさん。
 戦技教導隊の青と白の制服を着て、なのはさんは木の傍に立つ。彼女の指が触れるその桜の幹にかすかな嫉妬を覚えて、私は視線をそらした。
 はなびらが落ちる。薄紅の、白のはなびらが。
 それはまるで彼女の魔法光のようで―― 一枚、また一枚と落ちていけばそれだけ心が奪われていく。
 断ち切ったのはアラーム。時間が来たのだ。だけど私は動けない、もうしばらく見ていたいと思った。魅せられたまま、夢の中にいたい。
「なのはさんに会いたかった、それだけです」
「うれしいけど、でも私には」
 ただの夢なんて言わないで。夢でもいい。私は夢の中にこそ幸せがあると思っている。偽りでも慰めでもなんでもなく、心底から信じていた。
 ――この桜色の世界の中で。あなたの隣にいられる幸せを。
「だからあなたを奪いにきました」
 夢はまだ続いてる。桜並木を離れた距離を保ちながら歩き、終わらない出口に向かって進んでいる。
 桜が舞って、桜が落ちて、桜は踏まれて、土色になる。雨に降られれば腐って、やがて土に還る。さびしいさびしい一年だ。私には耐えられない。夢の中でなら、いつでも花は見られる。
 彼女と居られる。だれにも邪魔されない世界で二人。時間を気にすることなく。
「あの人の腕の中からなのはさんを連れ去りたい」
 なのはさんの返答は聞かない。腕をつかみ、叫ぶアラームを無視して花道を逸れた。青草の中で彼女の体を押しつぶす勢いで抱きしめる。愛してる、愛していると呟きながら、私は現実ではなく夢の中にいる。
「……ティアナ」
 だからか、私は涙を彼女の頬に落したのを最後に、とうとう奪うことはできなかった。
 彼女はいつまでも私を見つめている。さびしげに目を細め、肩を抱いてくれた。それで一瞬だけ現実に立ち返ってしまう。彼女の行動で、まだ機動六課にいた頃を思い出した。夜、海が見える場所でなのはさんに抱かれたとき、私はこれまでで一番幸せだった気がする。
「ティアナのことが好きだよ」
 優しくない嘘が鼓膜を通り抜け、私は泣きたくなった。だけどもう涙は出ない。すべての涙は彼女の皮膚に吸い取られて、空の咳をきるだけだった。
 代わりに瞼を落とした。現からやっとのことで抜け出し、夢の中に戻る。
 そこでの私はなのはさんと二人、桜を見上げ笑っていた。




[ WEB CLAP ]
さくらはなんとなく現実逃避に最適な花のような気がする。
ティアナは美しく、しかし儚く脆い桜の花びらのよう。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

説明。 «  | BLOG TOP |  » 描写する100のお題 001:雪

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:こねろく
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixivtwitter

Monthly Archive

11  09  05  04  03  02  01  08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area