FC2ブログ

2019-08

StrikerSサウンドステージX

小説じゃなくてすみません。でもこれは書かないとと思って。
StrikerSサウンドステージXについて自分なりに語ってみました。
長いですので暇があればどぞ。
感想と考察のつもりだったんですが、妄想かなり入ってるので考察にはちょっとならないか。
基本なのはさん大好きな人間がお送りするものなので、それをご了承ください。
本文にはSSXのネタバレ多分の妄想を含みますので、未視聴の方はご注意を。
※なお下線部にオンマウスで注釈があります。



 StrikerSサウンドステージX
 ――なのはの存在はそこかしこに残っている。


 長い話だった。
 終わってみると短かったのだが、物語を感じるにはちょうどいい長さ。映画と同じくらいの時間だったと思う。本当に映画にすればいいのになというぐらいで、個人的には一期よりもこちらを題材にしてほしかった。
 なのはがいないといっても、一期はあれで完結してしまって、パラレルというのはどうにも受け入れられるか難しい。しかしなんだかんだで好きなものだしいざ見るとなると楽しんでしまうんだろう。そういうことが分かっていても、やはりこの話は映画向きだったように感じる。

 さて、先ほど一期の話がでてきたが、一期と言えばやはりなのはとフェイトである。それからなのはの周囲、フェイトの周囲の人や関係なんかが見えてくるのだが今は置いておく。
 このサウンドステージX(以降はSSXと表記)は主人公がティアナである。いや、異論は認めるけど、まあ自分はティアナが主人公だと思っている。
 しかしスバルとイクスが、かといって脇役というわけではないだろう。存在感は到底無視できるものではない。ただ主人公を思い浮かべればやはりティアナがでてくる。
 だから私はこう考える。主人公にティアナを置き、スバルとイクスもまた特別に存在する、と。
 この話にティアナは欠かせず軸として動いているのだが、実際にうごかすのはスバルとイクスだ。二人はそう、まるでなのはとフェイトのように感じた。関係も出会い方こそ違うが、あくまで雰囲気と空気、……個人的な感覚の話になってしまうけど、そう思う。イクスが重要な鍵ならば手にとって錠を開けるのがスバル。鍵を手に入れるための方法や情報、場面を整えるのがティアナの役割。ティアナはスバルが錠を開けた後、この世界への出口を作るのだ。あるいは入口かもしれない。
 スバルとイクス。
 そうだ、ここまで言って何を伝えたかったかというと、だ。
 スバル×イクスはありだ。

 スバルとティアナの二人がよく囁かれているけれど、自分はこの二人はどこまで突き詰めていっても親友で、だからこそ特別となりえるんじゃないかと考えてしまう。このSSXを聞いてなおさら強く思った。ティアナの相手はなのはさんだよ、というのをぐっと堪えてあくまで客観的な主観で見ての場合だ。
 これを読んでくれている方がもしスバルとティアナの二人の恋愛関係が好きなら、それは否定しないし到底出来るものではない。してはいけないとおもっている。それに感情なんてものは元々はっきりと見えるわけじゃないのだ。直接恋愛描写が本編でなされていない限りすべては妄想に過ぎないんだろう。しかしそれが楽しいのだけど。
 それに私はティアナとスバルが好きだった。受け入れられない、ありえないと考えつつ好きでいるという矛盾を抱えて小説を書いている。その矛盾は少しだけ楽しい。だからこそ自分は小説でよくティアナとスバルの絡みを書く。そこに恋愛が含まれていないにしろ、二人のやりとりは自分にとって心地良いものだから。
 ……少し言い訳のようになってしまったかな。でもこれは本当の気持ちだから、まあそういう人間だっているんだな程度にとどめていてくれれば幸いだ。ただここはあくまで西野加奈という人間のSSX感想の場なので、ここらであまりいい感情を持てなかった方は速やかに回れ右をお願いしたい。おそらくここより先はさらに不快になってしまうだろうから。
 ともあれこのブログを見てくれている方ならなのはさんが愛されていれば幸せという自分の性質を理解してくれてるんじゃないかなと勝手に予想している。

 それではSSX本編に入るとしよう。


 主人公のティアナ。
 StrikerSの主人公は高町なのはであり、影の主人公がティアナであったと思うけど、この話は紛れもなくティアナ・ランスターが主人公。そして私は彼女が好きだ。
 まずティアナの声がたまらないと思った。落ちついた女性の耳にささやかれるような声だった。StrikerS本編のときはまだ若干幼さが残り突撃な感じはあったが、大人のものになっている。声の質自体は変わってないのに、三年でこうかわるとなかなか遺憾だ。この声に囁かれればなのはさんだって落ちる。落ちた後ティアナ一筋になるかはおいといて、口説きは成功する、たぶん。(尤も、なのはさんの場合は目線をやっただけで落ちるというのをここで注記しておく。だってなのはさんだから)
 ティアナはやはり大人びたんだろうか。三年という月日は無駄ではないらしい。それはそうだ、なんたって執務官になり、空も飛べるようになったのだ。そしてスターライトブレイカー。
 出口を切り開くための砲撃を撃つ最中、なのはさん――そんな呟きが聞こえてきそうだが、実際に聞こえてはこない。しかしそれでよかった。
 この話のティアナはどこまでも冷静だ。冷静のなかには情熱も隠し持っているがしかし、表面に現れるのは青く漏れでる僅かな炎だけである。イメージではそうだ。実際にはティアナ自身の魔法光である朱の光が下から照りつけているのだろうけど、映像のない音声だけの作品で、私はなんとなく静かに燃えているティアナを浮かべた。
 それはなのはさんじゃないのだろうか?
 A'sで闇の書の闇と戦っているときのなのはさんが、まさにこのティアナだった。
 スバルが危険ときいても表向き冷静でいた。きっと心のなかでは心配と焦りによってぐるぐるとかきまぜられたような気分を味わったのではないだろうか。だからティアナは危険でも反応のなくなったスバルの元に行こうとしたんだろうし、仕事のために動いた。
 それで極めつけにSS04で言われていたスターライトがそれも壁抜きという意味で放たれたとあれば、背筋が震えもする。
 この話には全く登場しないなのはが、名前は何度もでてき、こうして想いへと具現化されている。自分がティアナとなのはの師弟関係がこれほど好きだとは思わなかった。好きではあったけど、大好きだけどその大きさをあまり知らなかった。師弟関係についてはティアナとだけではなく、フォワード全員にも言えることだ。ティアナとなのはだけでなく、私はやはりなのはとフォワード(スバル・ティアナ・エリオ・キャロ)の関係が好きでしかたがない。そして、中でも特にティアナの繋がりの強さはここで改めて感じてしまう。
 なのはの存在はそこかしこに残っている。
 死ねば消えるという簡単なものではない証明にもなるんじゃないか。死んだことで悲しむ、悲しみを引きずって生活する。ご飯を食べて仕事をして、そうして生きていると悲しみを忘れてしまったような気がして寂しかった。SSXではそういう意味のことをルネッサやスバルが言っていたけど、残されたものが何かあるのなら寂しくはならないかもしれない。悲しみを忘れることもない。不幸なのか幸せなのかはそれぞれ違うが、恐らく。
 なのはは死んでも生きているような気がする。死にながら生きている。意味は違うが表すとしたらそう言えるだろう。

 そういえばティアナはStrikerSの7話のホテル警備の時「レアスキル持ちの人はみんなそう(非公開)よね」と漏らしていたけど、今はティアナもその中に入っているのだ。
 今回ティアナはこのマリアージュ事件の容疑者ルネッサに自身の技能のことを隠していた。ルネッサは自身の補佐官だったんだが、にもかかわらずフェイクシルエットを隠していた。最初から事件の真相を見破っていたわけではないだろうから、途中からだろう。となるとごく限られた人物だけが知っていることとなっていて、あの時嘆いていた彼女もその立場に立っている。エース級の魔導師の仲間入り。
 ティアナはもう立派な執務官だね。なのはさんも喜んでいるはずだ。


 話は変わるがナンバーズについても、更生組も非更生組もともに魅力が発揮されていた。
 StrikerSを十分に堪能してから聞いたからかもしれないけど、クアットロがいいキャラだった。火災現場の映像をみてうれしそうだったというのは酷いようだけど彼女にとっての興に触れたんだろう。
 スカリエッティは相変わらずだ。ギンガのことをサーティーン、タイプゼロと皮肉を混ぜていったり、気分がいいという理由で情報を話したり。これは科学者として自分の知ることを教えたいという欲求からか。
 交渉をもちかけたり、その内容が亡きドゥーエの三回忌に立ち会うためというのは、彼女たちにも紛れもなく想いやりの心があるからではないか。そういった心が働くのが姉妹とドクターのためだけでも、悪くないと思った。むしろ好感が持てる。
 公式コミックの二巻で、ドゥーエについてクアットロが語るシーン、妹以外には残酷だが妹たちにはとても優しく、強い。とあのクアットロが語っていた。繋がりの深さはそこからも読み取れる。なのはがゆりかご進入時にティエチに皮肉を言ったこともあるが、あれは彼女が「何を今更」ということで、当然のことをいっただけだろう。
 まあそんなナンバーズ。
 チンクは「いい姉」だし、さらにはセインがいい子だったりオットーがよくしゃべるようになったり、ウェンディが可愛かったりノーヴェがゲンヤにツンデレだったりとナンバーズだけを観察しても楽しい。

 エリオとキャロも出番は少なかったもののそれぞれの魅力がでていた。
 序盤の密漁者を捕獲するエリオは特に格好よかった。キャロも姿を想像したら可愛らしかった。キャロのスターライトブレイカーを見た感想には同意する。
 二人はこれからもいいコンビでいてほしいな。たまにティアナとスバルと一緒になって事件を解決するのもいい。そう思うのは、自分がスバル・ティアナ・エリオ・キャロという元フォワード、四人組をすごく好きになってしまったからだろうね。


 StrikerSのメンバー総出演ということで高町ヴィヴィオもいた。出番はそれほど多くないのに、存在感はさすが聖王。
 いつでるんだろうとどきどきしていたんだが、半分ほど聴き終えてようやく登場だ。自称普通の初等科三年生の彼女は少し舌足らずな感じだ。でも可愛いのでまったく問題はない。
 彼女――ヴィヴィオはもう間違いなく“高町なのはの娘”だった。
 ごく自然に口から飛び出す「全力全開」や、普通の9歳の女の子、とか。しゃべり方に合わぬ大人びた言い回しだとか。
「陛下ってよばないで」
 そういう彼女が可愛くてしかたない。なんだかヴィヴィの反応をみたくてわざと言ってるんじゃないかという気がしてきた。自分もこれから陛下って呼ぶことにしようか。

 ヴィヴィオといえばティアナを慕っている。相当親しい間柄ということだが、ティアナは子供の扱いが苦手だと言っていた。しかしヴィヴィオはそんなティアナに世話になったということだけど、どこでどんな風に世話になったのか。六課以外で交流があったということだろうか。だとするならなのはさん関連になるわけだ。補佐官時代にフェイトを通してというのも考えたが、それにしては激しく慕っている。
 ここでなのはとティアナに結びつきが一つできた、と解釈してみる。なぜって、その方が楽しいからだ。決まっている。
 ティアナが何かしらの用事があってなのはに会いに行く――これはフェイトとの仕事関連についてでもいい――そこで用件を終えて「じゃあばいばい」とはさすがに言わないのではないだろうか。久しぶりにあったなら少しくらい話もするだろうし、それが高町の家ならヴィヴィオもいる。自然と三人は仲良くなる、と考えてもおかしくはない。
 ということでティアナとなのは、ヴィヴィオという三人の親子というのもあり得ない未来ではなくなってきた。むしろ濃厚である。なのはと現在一番近いのは同じ戦技教導隊のヴィータには違いないだろうけど、きっかけや付き合いを重ねていけばティアナも十分射程内にある。
 オフが重なった日、ティアナがヴィヴィオに誘われて高町家へと遊びにやってくる。寝静まったヴィヴィオの頭をなでるなのはに、ティアナが真摯な瞳をぶつけて言うのだ。これからも一緒にいたい、と。
 もちろんそれは妄想だけれども、描くならとても幸せになれそうだ。
 ヴィヴィオという仲介者がいるなら、なのはとティアナは大丈夫な気がする。なのは・ヴィヴィオ・ティアナ。そしてそこにスバルと、目を覚ましたイクスが。
 二組がたまに食事をするとき、和気合い合いな楽しい雰囲気が出来上がるような気がする。

 妄想する余地があるというのは素晴らしい。


 では最後にスバルについて。
 彼女は相変わらずアルトと付き合いがある。仲が良いとは知っていたし六課ではティアナを除けば一番親しい人物だろう。けれど交友が続いていて、さらにマンションの家具選びに付き合ってもらい、オフがあれば遊ぶというのには少し驚いた。でもいいコンビだと思う。
 そんなスバルの自宅は、命の危険を伴う仕事は給料に恵まれるのか立派なマンションらしかった。
 ひさしぶりに会ったはずのスバルとティアナのやり取りだが、どこか心が落ちつくものがあった。温かいというか、気を抜けるというか。だから二人が一緒にいる場面は好きだ。ティアナ自身も認めてしまった親友という間柄だからこそというのはあるんじゃないだろうか。スバルとティアナの雰囲気は恋愛感情が混ざっていては出せないと感じた。それは自分が二人にそういう関係を希望しているからだし、二人も親友でありつづけているからだろう。
 フェイトとなのはも親友だと思っているけど、あの二人とは違う。
 似ているのはむしろ、イクスとスバルだ。
 友達だけど何かが混ざっている。自覚する間はなく接する回数も少なかったけれど、二人には何か、ティアナとは別の特別を感じる。優しいスバルが、ちょっと特異な体質の救助者が眠ってしまったからそれが悲しくて、というだけではない。何かはいえないが、悪くはない感覚。
 ところで二人を表すとスバイクになるんだけど、なんだか蜂とか靴とかをイメージしてしまうのは許してほしい。あとイクス王に対して敬語になってしまうところに萌えるのも許してほしい。親しい敬語というのはたまらない。これはなのはさんに対して敬語だったのとおなじような感覚だろうか。
 もしかすると、なのはさん以外と誰かを絡ませたいと思ったのは初めてかもしれない。話を書きたいとは思わないが、読んでみたいとは思う。
 イクスが眠ってしまったあとで自宅に戻り、ティアナに「泣いてもいい」と言われても泣かなかったスバルの強さに打たれたか。イクスの前で泣いたスバル。
 いつかイクスが目覚めるとき。青空の広がる大地の上で、その先に広がる紺碧の海の風を感じて過ごすのがスバルであってほしいと願う。



 ここまでつらつらと書いてきて思うのは、やはりStrikerSが好きだということだった。
 好きで好きで、愛しくてしかたがないなのはが出てこない話でさえ十二分に楽しむことができた。
 いろいろと指摘したい部分や欠点はあるかもしれない。しかし自分は完璧でない作品にこそ面白さがあると思っているし、大切なのはそれを楽しめるかどうかだ。
 StrikerSを素直に面白いと思った。そしてこのSSXもとても面白かった。どのように面白かったかは上で書いてきたので結構満足だ。

 流れ込んでくる話をじっくりと味わうことができる。何度でも心が躍るような、そんな作品を創り出し、静かな感動を与えてくれた都築真紀さんに最大限の感謝をしたい。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

描写する100のお題 004:妹 «  | BLOG TOP |  » やっばい。

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:こねろく
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixivtwitter

Monthly Archive

11  09  05  04  03  02  01  08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area