2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reinforce

なのヴィ。
最初はネタのつもりでしたが、気付けば真面目に書いていたという。
なのはとヴィータの結婚話です。
26話で思わず。ネタバレはないです。ただの妄想~w

自分にしては珍しくほのぼのですね。



 Reinforce


 蒼天の元、祝福の風が吹いていた。
 リインフォースIIが、小さな花束を両手に抱えやってきた。
 白に身を包むのは、戦場でエースオブエースと名を轟かせた高町なのは。そして鉄槌の騎士ヴィータ。今はその影を潜め、静かに身をおく。
 二人は誓いの口付けを交わす。
 純白の薔薇の花びらが舞い、祝福のエールが贈られる。
 なのはは相手の瞳を数秒見つめた後、この式を祝いにやってきてくれた皆に振り向き、満面の笑顔をしてみせた――。


 それにしても、とはやては呟く。
「なのはちゃんとヴィータが結婚なんてびっくりやわ」
 そこには乾笑で答えるなのはに、心底居心地悪そうに佇むヴィータの姿があった。だがそれでもはやては笑った。ヴィータの頬が赤いのはそこにいる誰もが気付いていた。
 式と披露宴を終え、今は来訪客も散り散りになっている。
 古くからの友人と、旧六課メンバーを集めただけの小さな式だった。同性という負い目もあったのだろう。なのははヴィータにプロポーズをする時に「いつか式を挙げるときは内輪だけでしよう」と告げていた。
 祝福者は少なくていい。ただ、自分達の大切なひとが祝ってくれれば幸せだから。
 もっともヴィータは本当に祝福してくれるものなどほんの人握りとも思っていた。相手はあのなのはである。どういう廻り合わせか、一生の運を遣い果たしたのか、なのはは自分などを好いてくれ、生涯を共にしようとまで言ってくれたのだ。伝えられた瞬間、涙を溢したヴィータを誰も責められはしない。
 なのはもヴィータの頭を優しく撫でた。幾人もの女の子を無差別に落とし、女殺しとの異名を管理局内に馳せただけのことはある。
 だがその時のヴィータにはどうでもよかった。
 自分だけを見てくれるなのは。幸せにすると伝えてくれたなのはの表情が、今までで一番真剣だったから。
 ただ嬉しさだけがヴィータの胸の内を満たしていた。
 だがまあ、そんなものをぶち壊す人物というものはどこにでも存在する。
「そうだよ、なのはは私と、私と……」
「フェイトちゃん?」
「まあまあフェイトちゃん。分からんでもないよ、なんで私を選んでくれんかったんかって未だに悩むし」
「は、はやて!」
 そこへ割り込むように口にした「あんたたちちょっとは落ち着きなさいよ」とはアリサである。隣にはすずかも微笑を湛えながら佇立していた。
 この旧知の仲である五人の牽制役でもあるアリサがでてきてくれたことで、なのはは思わず安堵の溜息を漏らす。がもちろんヴィータの頬は引き攣っていた。仲の良いアリサのことだ。
「なのははあたしのものだっていうのに」
 この言葉は容易に予想ができていた。
 すずかも苦笑するしかない。
「アリサちゃん、その言葉はこの場にはちょっと」
 そしてこの場においても不機嫌顔のアリサを宥めるなのは、という構図は、最近はなかったとはいえ、もはや見慣れた光景だった。
「ふ、ふん、しょうがないから見守っててやるわよ」
「私も同意かな」
「せやねー、なんやかんやで、仲が良いのは皆知ってるやろうし。せやからフェイトちゃんはそんな落ち込まんとき。ああ、睨んでもあかんで」
「無理だよはやて」
 一番の障害はこいつ以外にいなかった、とヴィータは反芻する。それこそ背中を冷や汗が否応なく伝うほどである。よくもまあ自分は命を落とさなかったものだ、とほとほと感心していた。そんな苦労も、なのはの笑顔を見てしまえば吹き飛んでしまうのだから、やはり自分は単純なのかもしれない。
 ヴィータは隣で微笑むなのはの顔を仰ぎ見た。その表情は、両手いっぱいに抱えられるほどの幸に彩られていた。ヴィータもつられて口元が緩む。
「少し淋しいけど……なのはおめでとう。幸せになって」
 フェイトの言葉に、は?と問い返しそうになった所で、脳に思念通話が叩き込まれた。
 (なのはを泣かせたら殺すから)
 (……おっかねえな、おい。つかてめーは今までずっと殺す気満々だったろーが)
 (覚えてないよ。でも私のこの言葉は覚えておいてね)
 (くそ、当たり前だろうが。なのはのことはあたしが全力で守る)
 もちろんそんなやり取りなど露ほどもしらないであろう相手は、感極まる余りに、抱きつく始末だ。
「フェイトちゃん、ありがとう嬉しいよ」
 今すぐアイゼンを振り回したい。が、幸いといっていいのか、ヴィータはその場に持ってきていなかった。
 視線を逸らし呆れの溜息をつくだけに留める。
 いや、にやけたフェイトと何も知らないなのはの姿を直視したくないだけだったのだが。
 何年経とうが、距離がどれくらいはなれていようが変わらないお互いの関係。心地良さに目蓋を落とし――それから一人の少女が、小さな歩幅で駆け寄ってきていた。
 左右に結った金色の髪をなびかせ、中心では紅と翠が輝く瞳をした少女が近づくと、なのははその少女の名前を呼んだ。
 少女もまたなのはのことを呼んだ。
「ヴィヴィオ!」
「なのはママっ」
 抱擁を交わす。そんな二人の姿を、その場にいた皆が暖かい眼差しで見詰めていた。

 皆と別れ、三人は帰路を辿っていた。
 胸に広がるものは暖かく、受ける眩しい陽光も爽快だ。
「なのは」
「ん?」
「あたしのこと、し、幸せにしろよ!お、お願いだから浮気なんてすんなよっ」
「当たり前だよ」
「じゃあヴィヴィオがなのはママのこと幸せにしてあげるね」
「ふふ、ありがとう」
「ヴィータお姉ちゃん、……じゃなかった、えっと」
 少女は拙いながらも、成熟した精神をもつ。一つの悲劇が確実に通り過ぎていったからなのだが、もちろんそれを顕わになどしない。
 少女は強かったのだ。
 そして、少女の親となった、二人の女性も弱さを内に秘めながらも、やはり強くあった。今こうして三人が共に居られること、そのものが証明となるだろう。
 笑顔が輝く。何者にも邪魔のできない世界がそこにある。
「ヴィータママも、ヴィヴィオが幸せにするからね!」
「……ああ」
 見上げる三人の瞳に空が映される。
 高く昇る太陽が三人の頭上に降り注ぐ。
 晴れ、のち、笑顔。
 この日世界で一番の幸福を、なのはとヴィータは全身で受けていた。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●

幸福の在処五章、良かったです。
皆が皆どこかしら壊れてるところがなんとも(笑
なのはさんが追い詰められててこの先どうなってしまうのか心配です。

それから。
なのヴィ結婚きたー!
幸せそうな二人、すばらしいです。

>NAさん
読んでいただいてありがとうございます♪
ヴィータはもちろん、なのはもはやても壊れてますね。。フェイトは多分次にわかるとして、なのはは壊れてるけど、中途半端に理性や自制や、まだまっとうな思考ができてるから逆においつめられていくんでしょうね。

なのヴィは幸せになってほしいです。ぜひとも!
たぶん六課が解散しても教導隊なのは変わらないはずだから、同じ仕事することもある、んじゃないかな?たぶん。


管理者にだけ表示を許可する

26話を。。 «  | BLOG TOP |  » 幸福の在処 五章

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたらメールフォームよりどうぞ。
うまく送信されない場合は、下まで。
kana_nanoなのart.707.to(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。