FC2ブログ

2019-11

拍手返信なの68

長編、ひとまず公開終了しました。
読んでくれた方、そしてご意見ご感想をくれた方、本当にありがとうございます。
完成までがんばります。

完成したらしたいことがあります。
うん、まず本をよみたい。
今でも毎日読んでますが、自分が小説を書くということを一切かんがえず、ただの読者になって本に齧りつくということをしていないんです。どうしても文章のあれこれ、描写、話の流れとかを考えながら読んでしまって……それでも十分にたのしめてるんですが。自分ならここはこうするなーとか。だめだそれじゃ。
飲み込みたいんだ。噛み締めつつも丸のみするように。そういうのを全部放り投げて先人の方達が書いた小説を読んでみたいと思う。
ううん。たとえば日本の作家なら三島由紀夫さんを全部よみたいなあ。二冊ほど読んだんですが好きかもしれないと思いつつそれ以上読めてない。夏目漱石は、どうだろう?坑夫が気になっているんですが。
あとは海外の作家さん。カフカやフィッツジェラルドがすごく気になっていて。
うん、読みたいなと思う。

あ、関係ないけど先日文庫でですが、絵本を読みました。
「ポテト・スープが大好きな猫」
とても心温まる絵柄で癒された。文章もやわらかくて、内容だって素敵だ。猫も大好きだしね。
いいなあ。絵本はいいなあ。昔にもどってなにがしたいかっていうと、小学校の図書室にいって絵本を読みあさりたいです。


それでは、つづきより拍手返信です。
いつもありがとうございます!


(2009/2/13)
>土龍さん
凄く甘い、砂糖の塊みたいなチョコレートだって他のカップリングならいいと思うんですが。ティアなのを選んだ時点でビターが決まってしまったみたいです。どうでもいいはなしですがビターって打ってたらビータと間違えました。何を言ってるんだろう。ごめんなさい。

(2009/2/14)
>ヴィータさんが旦那すぎて困りますW
ヴィータは旦那です。だれがなんというおうと、自分の中ではなのはさんの旦那です。
それにしても八神なのはって、素敵だとおもいませんか?一目でははやての嫁みたいですがw


(2009/2/16)
>月海さん
どうも、こちらでははじめましてです。コメントいただいてかなり嬉しかったです。ちょうどショボーンとしてるところだったので……(ぇ
こちらこそ、リンクしていただけるなんて嬉しいです。ありがとうございます。
今年成人式だったんですよね。同じ年だとおもいます。なんか嬉しいですね!
そうですね。なのハーレムというのは、普通想像するようなハーレムとはほど遠いのではないかとおもいます。他から見たハレムは一人が多数の女性を囲い、酒をのみ肉を食らうというのが元々で、なのはさんは少し違う。二人以上の女性を周りにおくというのは合っているかもしれないけど、一夫多妻(一婦多妻?〉としてはとても受身的なものです。そして妻の側に嫉妬という感情が伴うとハーレムは成り立たない。だから本来はフェイトさんはハーレム要因には絶対なりえないんですが、今回は別です。
StrikerSがなかったら生まれなかったかもしれない「なのハーレム」という言葉は、とても語呂がいいので、それだけで一つの言葉になるかもしれません。
説明するとしたら、「なのはが彼女を慕う多数の女性たちを好意を受け取るままになった状況、またはその場所」となり、つまり機動六課ということになるのです。そういう意味だとこの話はとても正当な「なのハーレム」になるんじゃないかなーと勝手におもってたりしますが、まあこれはどうでもいいか。
とりあえずこんな状況でなのはが誰か一人を選ぼうものなら、好意を受け取っていたなのはも、その女性たちも傷つくことは必須です。初めのころ、まだ行為に心が伴っていないころならばいいけど、それを踏み越えてしまえば、心にぽっかりと穴があく、傷つく、病んでいく。ということになるかと。
>なのはさんへの愛のために病んでいく人たちの想いに触れながら、そして最後はヴィヴィオがなのはさんを掻っ攫っていくことを望みながら...
うん、まさにこういう話になります。ヴィヴィオがなのはさんを攫って行くかはおいといても!
長くなってすみません。
小説頑張ります、ありがとうございました!


(2009/2/18)
>第一章読ませていただきました。風景の描写などが今回は少ないな~って思いました。
お、そうですか。人物描写にかまけすぎてしまった……。風景描写を書くのはすきですし、特に機動六課周辺には海、森、市街、青い空がある。書かない手はないですよね。
ご指摘ありがとうございます。これから加筆していきますね!

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

エクシードなのはさん。 «  | BLOG TOP |  » 窓を打つ雨みたいな恋

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:こねろく
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixivtwitter

Monthly Archive

11  09  05  04  03  02  01  08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area