FC2ブログ

2019-11

『秋、はらむ空』 序章 ライン

これが童話なら、王子様の求愛を受けて。
あるいは騎士の差し出す手をとってハッピーエンドなのに。
私はそのどれも選べない。
自分を慕ってくれる兵士と淡い恋に落ちることさえ。

もし知っている人がいたら教えてほしい。
どうやったらすべてを捨て、溺れ死ぬことができるのか。



 秋、はらむ空
 序章 ―ライン―


 私はいつでも身動きが取れない。
 記憶ではなく想いが、忘却ではなく沈没する。ふとしたときに引き上げられ、熱い想いに胸が焼き爛れる。痛みは心だけにとどまらない。
 体をむしばむ戦いの傷。後遺症という形で表れている。だけどそれでよかった。見ることのできないはずの記憶を思い出させてくれるから。なによりも誇れるものの少ない自分自身の誇りとなってくれる。
 ――忘れ物をしていた。二度とはいけないゆりかごの中に、私は置き去りにしたものがある。それは私の心の中にぽっかりと黒い穴を開けた。例えれば虚数空間のような、奥行きを感じさせず底知れぬ深い穴には、たっぷりの闇が詰まっていた。私はその闇が恐ろしく、親しみ深かった。
 私は穴を開けるために誰もを受け入れ、そして拒絶した。
 私を心から求めてくれる人なら誰でもよかったのだ。親友でも、他人の騎士でも、教え子でも。ただ心を欲するがままに私も彼女たちを求めた。
 だけれどもその行為は穴を広げるだけだった。ああそれは分かっていたことだったのに。肌を合わせればいとおしく、言葉を交わせば大切に思う人たちと一緒にいること、それが穴を広げるというのは今まで生きていれば十分に想像がついたはずだった。はたして自分は想像を怠ったのだろうか――?

 私はいつだって本気だった。
 全力全開で、ぼろぼろになろうとも構わずに前に進んできた。そうすれば相応のものが返ってき報われた。傷つくことはもうなかった。けれど空白の時間心に生まれたものは、自身の乏しい永遠を精一杯に告げたあの子のことばかりで、今この腕にあの子の体温が感じられず、私はそれだけが辛かった。
 いつしか自覚する。
 少し、疲れたのかもしれない。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

『秋、はらむ空』 一章 もう誰も護れない……1 «  | BLOG TOP |  » 『秋、はらむ空』 目次

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:こねろく
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixivtwitter

Monthly Archive

11  09  05  04  03  02  01  08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area