2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終わり

ティアなので皆既日食ネタ。某ハードボイルドとは何の関係もありませぬゆえ。
背景⇒ティアナがなのはさんの故郷で皆既日食が訪れるときいて、休暇を作って一緒に海鳴に戻った……と考えてくれると嬉しい。

では続きよりどぞう。



 世界の終わり


 太陽が喰われる。そんな神話を本で読んだことがある。愛しい人の故郷、地球でも月が太陽を食らうという現象が起こる日が、何十年かに一度ある。隣にはなのはさんがいて、私は隣で空を眺めていた。
 酷く眩しい。それから薄暗くなっていく空を眺めていれば、これで世界が終ってしまうような気がする。そんなことは私がさせないけれど、起こらない保障などありはしない。一人がいくら足掻こうと人一人護れないことがあるのに、世界を救うなんてたいそれたことはできない。だから私が世界の終わるその淵ですることは、世界を護ることじゃなく、彼女の手を握り、空を見上げることだろう。
 青と朱が入交って透明な檸檬色が辺りに広がる。雲がいくつもの影となり光となり、空を飾っている。美しいと思う。きっと終わりはいつだってこんなふうに美しい。醜いのは過程である。この人との出会いも、つながるまでの時間も思い出したくない。会えないことに息切れをして、他の人と笑い合っている場面に出くわしては胸を痛めていた。あれは濁った泥水を飲んでいるかのように、この薄暗い空がとても眩しく思えるほどに、暗い時間だった。
 今のこの時間は幸福に満ちているけれど、終わりが来ればこの時間はたちまち苦痛へと変わるだろう。別れがあるならば、きっと彼女の顔を思い出すことさえ苦しい。
「ねえなのはさん」
 なのはさん、なのはさん。
「いつか世界の終りがきたら、最後まであたしと一緒にいてくれますか?」
 答えを知った上で尋ねる自分を、それでも醜いと自覚するのは今ではない。今は目の前の彼女が、頷くでも否定するでもなく、ただ困った顔で笑っているのを眺めているだけだ。
 ちょうど一分間だけ、これまでの中でこれから先も含めて最も美しい空が頭上におりてくるとしても、私は彼女の微妙な表情を見つめてしまうのだろう。
 この人ならきっと、私と一緒にいるよりも世界を護りにいく。
「わかってますよ、そんなこと。聞いてみただけです」
 申し訳なさそうに、でも一緒にいる方法はあるよ、と彼女は呟いた。私は尋ねてみるが、彼女は答えてくれない。自分で考えろということか、あるいは彼女からは言えない方法なのか。
 しばし考えるが浮かばなくて、私は気分を紛らわすように遠くへ視線をやった。紺から朱へ、一面の夕焼けが過ぎ居るのを見届ける。あれほど暗かった空が段々と明るくなりはじめているのだ。じきに昼間が戻る。
「――ああ」
 わかった。再び白く青い空が蘇るのを見ていると、なんとなしに分かってしまった。
「一緒に行けばいいんですね?」
 世界を護ろうとする彼女の隣にいるためには。
 でも、だから誘えなかった。世界の終わりの中心に一緒に飛び込んでくれだなんてこと、彼女にはとても誘えなかったのだ。それは心中に似ている。していることはまったく違っても、結果としては似通っていたから。
 彼女は先ほど質問をしたときよりもずっと悲しげに微笑んだ。哀愁でもなく憂鬱でもない陰りが彼女の顔を覆う。月がもたらせる影でもない。私はその影を取り払う何も持ってはおらず、しかも彼女はそれでも生きていけることを知っている。
 だからその表情を少しでも明るくしたいというのは己の我が侭だろうけど、それでも彼女には笑っていてほしいと思った。
 日食で、月は太陽を食らいつくせない。だからそこらに散らばった光を掻き集めて持ち込んでやればいい。他の誰にできなくても、彼女が選んでくれた私ならできる――そう思い込むことで私は彼女の手を強く握ることができた。
 目をくるりと丸くしたなのはさんはすぐに私の意図することを読み取ってくれ、手を握り返してくれた。
 五本の指が絡む両手を眼前に持ち上げて、そこに唇を当てて誓う。
「あなたが世界を護れるように、あたしがあなたを護ります」
 それが一緒にいることになるのなら、喜んで前に出よう。
 太陽の光が降り注ぐ完全な昼間の中で、私はそうやって懸命に彼女の冷えかけた掌と唇をあたためた。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

拍手返信なの88 «  | BLOG TOP |  » 硝子内のひめごと

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。