2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのは!!なのはReflectionですよ!感想とか。

皆さんは見られましたか?
ネタバレになると思うので感想は続きにおかせていただきますが、見ようか悩んでいる方に一言。

最高です。

ただ来年の続編までの時間がながすぎて苦悶に喘ぐことになります。
もっというと、映画の上映が終わってBDが発売されるまでの間どうやって生きていけばいいのかわからなくなります。
なのはさんの格好良さを思い出しては、どうして手元に映像がないのか、再生できないのか、見られないのか、会えないのか。
焦がれてやまなくなります。
リリカルなのはが好きな人ほどその気持ちは大きくなるかと思います。

それでも。
それでも見ることを私はおすすめします。

だって面白いからね!!!

てかなのはさんかっけえ。
惚れる。
ああああああなのはさああああんn

うわああああああああああんnななのはさあああああああああん

ちなみに一週目特典はイリスとキリエ、まあそれはよくて。
問題の三週目特典の色紙ですが、なのはさんは当たりませんでした。
フェイトとアミタです。とてもかわいい。ああかわいいともだけれども、
なのはさんとチェンジさせてくれえええええ。


それでは以下ネタバレ全開の感想となります。
ただし半分以上はなのはさんへのラブレター。


開幕は異世界から。A'sを彷彿とさせる。謎の敬語キャラはお姉さんてかんじの。名前はアミティア、アミタさん。その妹の可愛らしいのがキリエさん。
私はところで、ゲームはプレイしていないし漫画のイノセントも一巻だけしか読めていません。
なのでこのアミタとキリエがどこのだれか、どんな子か、名前を覚えるのも時間がかかりました。
映画を見る前、公式サイトでキャラを見たときはなんだこのくせっ毛たち。と思いました。
なのはキャラってぐちゃぐちゃの髪の毛あまりいないからちょい違和感?髪の色も似てるしエリオとキャロ色?というような。
ということでここでまず目がいったのがイリス
この子は映画を最後まで見た方ならわかりますが、ボスです。悪魔みたいな見た目になります。
はい、可愛いー。
実態をもった姿も素敵だし、その前の五歳くらい若返ったような姿も可愛い。
どうせ最後にはデレてくれるだろう?!
という期待を込めてイリスさんをお気に入りボックスへ放り投げておきます。今のままでも十分魅力的なキャラとなっているんですけどね。
それからキリエ
この子はもう惚れてますよね、なのはさんに。小説書けますね。直接的な絡みがないので完全なる片思いと妄想になってしまいそうですが濃厚なやついけますよね。できるだけ抵抗しないでくださいとかいいながらおしたおしちゃえばいいんじゃないの?もう。大丈夫、アミタのおねえちゃんが後押ししてくれる!
『泣いてる子に手を差し伸べてくれる魔法使い。』
おとぎ話でしかないだろう、でも心の底で信じていた存在が目の前にいて、自分が酷い迷惑をかけたのに救おうとしてくれている。そんな人が何度も現れて今、窮地に立たされた時、さっそうと敵との間に塞がって立ち向かっている。
まるでヒーローのようだと。
感じないはずがい。
私は感じました。が、キリエ目線だとなおさら感じることでしょう。

そんなキリエでしたが、つんつんな感じでありながら意外にも礼儀正しく、会話をもちかけています。
結果的には一方的な押しつけ、要求ではありましたが圧迫感はあまり感じられず、つい思ってしまうのは「必死だなあでも、賢者の石はきっと存在しないよって。なんでも叶えてくれる水晶なんてきっとないんだよ」ってこと。
ジュエルシードですらそうだったし、闇の書も管理者を滅ぼすだけ、レリックも万能なんかではなかった。
リリカルなのはだけではなく、ほかの作品にもそんなものはない。あったら物語が破綻する。
だからおそらくキリエの願いは叶わないんだろうなって分っていたけど、なのはさんたちの敵側にいるけど、可哀想だなという気持ちが湧きました。
リリカルなのはの敵はみんなそうですね。
敵でありながら心に大事なものを抱えている。それは完全に悪ではなく。立場によって変わるだけ。
スカリエッティですら完全な悪人ではなかった。まあやってることはアウトだったけど。
だからこそキリエを見ていると少し悲しくなった。
夜天の書が奪われて、皆が倒れている中、なのはさんだけが必死に立ち上がって武器を構えようとした。攻撃はきっと間に合ったはずだった。けれどもキリエの浮かべていた涙に、なのはさん何もすることができなかった。その時の表情といったらもう。こちらまで胸の詰まるような思いだった。

そのあとのアリサとの会話も印象的。
「堕ちたんだって?」
泣いてる子を救ってあげたいという気持ちで動いていたなのはさんはとても寂しい顔をする。
自分は食い止めることができなかった。
大切なものを失くしてしまったはやても、それを止められなかったリインも助けられなかった。
そして、話ののちになのはさんの言う「泣いている子」の中にキリエが入っていると思いました。
キリエはたぶん、なのはさんが救いたかった子リストに入ってしまったんでしょう。
だからこそ追い打ちができなかった。
目的のものを手に入れたはずなのに、こちらを見るあの顔が悲しそうだったから。
アリサはそういったなのはさんの想いを知らないだろうけど、だけれども何処かへ行ってしまいそうに思えた。
アニメ本編ではこの四年後にミッドチルダへ完全に引っ越しです。
映画の後も、今ですら仕事がんがんいれて魔導師としての訓練を積んでいるんだから、尚且つ自分の魔法で、自分の手の届く範囲は全力で護りたいと思っているような人だから、行くんだろう。魔法の世界へ。ミッドチルダへ。次元の海へ。
そこは変わってほしくないとおもうし、アリサにお尻を叩かれて顔が綻んだとしても、心までほぐれたわけじゃない。

キリエはその後イリスにだまくらかされたことを理解し、謎のグロシーンが入りますが、というかクロノくん死んだとおもったけど、よく生きてたね!内臓が爆発したんじゃなくて、シャマルさんのリンカーコアぶち抜きと同じで、生命力を結晶化して放出、みたいな感じなんですよね。赤いからびっくりしましたよ。シグナムさんのとき痛そうでしたね。フェイトはノーリアクション。絶対息してない。
フェイトさんほんとメンタルもフィジカルも撃たれ弱いね。
あなたの大好きななのはさんに、いじめないであげてって言われてるよ!いいのかい?フェイトさんの対レヴィ戦のときだけ施設破壊されまくって阻止できてないけどいいのかい?ついでに言うとほかの人は代用デバイスで頑張ってるけどフェイトは完全対バルディッシュがくるまで負けっぱなs
やめておきましょう。だめだめなところ、決めるところは決めるところ。そのすべてがフェイトの魅力。ですよね!
でもなのはさんと恋人つなぎしてたのは絶対に許さない。どんどんやれ。

まあフェイトさんはいいです。
変身シーンもあったし挿入歌も流れたしコピーもびしっと倒したし。
問題は八神司令官ですよ。はやて。
しょっぱなから目を覆うようなフルボッコ。高速道路で盛大に事故らされた挙句、ワイヤーでぶんぶん振り回される。リイン不在でコントロールもままならずBJを装着する時間もなし。
正直大変好きなシーンです。息を飲む瞬間の連続。でも変身シーンがないって。変身シーンがないって。StrikerSを思い出しちゃうよね。
キリエやイリスですらあったというのに。
でもはやて可愛い。ボコられてるはやて可愛い。てか映画のはやてほんと可愛く描かれてて好き。
服も可愛くていい感じ。
ちゃんと指示したり報告したりっていう姿がさまになっていました。それがすごくよかった。これがどんどんStrikerSに繋がっていくんですね。
夜天の書を奪われる直前、リインが必死に指を氷漬けにしようとしてる姿にほろり。泣いてしまいそうでした。ふんばった。
なのはさんはこれをどんな気持ちで見ていたんだろうね。

それからヴォルケンたちの格好良さよな。
ヴィータとなのはさんとの絡み、よかったね。天然発言はちょっとはて?ってなったけど。なのはさんに天然要素一切かんじられないんだけど。あのひと普段すっごい考えて行動してるでしょ。あと人の心の動きに敏感でしょ。だからフェイトの優しさにーっての当てられたんだろうし。ヴィータちゃんなのはさんについて見直すべし。ぜひ一期からStrikerSの映像みてきてください。
手が届くかぎりの泣いてる子を救う。
これは人の心を見ようとしていないと、難しいよ。きっとね。
でも可愛かったよヴィータちゃん。闘う姿は相変わらず興奮するね!ぶちぬけええええって叫びたくなるよ、一緒に。
施設を守ろうとする姿にやはり、ほろり。八神家は泣かせにくるのやめてほしい。

オリジナルキャラクターのイリスについて。
見た目が好みです。中身も好みです。
はやくなのファミリーに入らないかい?
なのはさんがキリエだけじゃなく、イリスも救ってくれることを。
過去を憎み、未来を憎み、今を恨んでいる彼女の心の涙を拭いてくれることを。願っています。
アミタ・キリエ姉妹に加わればいいね。謎の金髪幼女・ユーリもかな。なのはさん金髪幼女すきだしね。




とまあ、ここまでが自分にとっての、映画の見どころの3割でした。
相も変わらずリリカルなのはという作品は私を夢中にさせてくれます。
あとの7割は?
ここに書いてあるSSたちを読んでくれた方ならお察しのとおり。この記事の冒頭をちらっとでも見た方はお分かりでしょう。
なのはさんの格好良さです。
なのはさんの素敵さです。
なのはさんのかわいらしさです。
なのはさんのなのはさんの魅力すべてです。


リリカルなのはという作品は、主役は毎回変わりますが主人公は変わりません。
無印での主役はフェイト、A'sははやてとヴォルケンリッター、StrikerSではフォワードの四人。
このReflectionではキリエとアミタなんでしょう。そして後半のDetonationではおそらくイリスとユーリ。
しかし主人公はいつだってなのはさんです。
この作品をここまで追い続けることができた。そして引寄せられて離してくれなかった。それはすべて高町なのはという存在のためです。
そしてなのはさんに命を、色を付けてくれた声優の田村ゆかりさん

画像が貼れないのが残念ですがとにかく!!!
イケメンでしたね。
いっけめん。
ほれた。
ほれた。

なのはさんについて話していると、語彙力が、言葉たちがぼろぼろとこぼれて消え失せてしまいます。

あああなのはあああああああああううおおああああああああああああああああああなのはあさんあああああああああああああ
てなかんじです。
かかかかかっこいいかっこいいかあああああこいいいけめんんnなのはさあああああああああん
で埋めても私の気持ちは伝わるんじゃないかと思います。twitterだとそんな感じですしね。

てーかエクシードでしたよねあれ。フォーミュラ。
襟たてて。大砲っぽいの構えてましたよね?
エクシードでしたよね!!!なんどでもいいます。
エクシードなのはさん最高です!!
ああもう最高なんですよ。
パンフレットででかでかと画像が乗ってたのを見て、ああなんて素敵なひとなんだと感動しました。
感動ですよ。人の格好良さ、素敵さに感動するなんてなかなかありません。
二次元にキャラクターなんて有り触れているのに、そのなかでもなのはさんはいつだって輝いて魅力的で、でもただ眩しいわけじゃなくて惹かれてしまう。そんな人です。
んで何度も言いますがエクシード最高です。
きり、っとした表情が格好いい。でも普段は可愛い。愛らしい。頬が緩む。からの、静かで情熱的な想いと言葉。行動。
きりがないですね。

でも続けます。
映画の最初から追ってみましょう。
まずはトレーニング姿のなのはさん可愛いね!
ツインテール邪魔なんだよね?まとめてるね!ほんとかわいい。最初あれっておもったけど思い出してみるとやっぱかわいい。ローソンキャンペーンの浴衣姿もあの髪型だったね。
んで練習場のシーン。
すずかちゃんをお姫様抱っこしてさっそうと空にあがるのは完全なる自分得。
ありがとうございます、ありがとうございます!!
あとフェイトさん、なのはさんの苦手な近接で挑んでるんだからもっとがんばって!!
普段着かわいいよよおおおはしゃいでるなのはさん最高!音楽ながれたよゆかりさん!挿入歌だね!OPかとおもったよ!OPでいいよ!
それ以前にそれ以前に、ゆかりさんが歌ってるうううう。あのゆかりさんがあああああなのはとは別のところで感動。
のほほんななのはさんも癒されるんだけど、Reflectionでのなのはさん名場面が、キリエとの初めての邂逅。
フェイトさんとお話ししてる最中、なのはさんだけロープでぐるぐる巻きにされて転がされる。……も、力技でぶっちぎる
はやては羽で断ち切ろうとしたけど、なのはさんは完全に力技でしたね。興奮しました。
そのあとの素晴らしいワイヤーアクションに興奮が加速し止まりませんでした。なにあれ。なにあのひとかっこよすぎ。
もう発狂しそうでした。
発狂してたかもしれません。
やばい。あれは。映像をみられた方ならわかっていただけるかと思うのですが、あのなのはさんだからこそできる行動、痺れますね!!!
BDが手に入ったらあそこのシーンを特に繰り返してみると思います。
みんな吹っ飛ばされて倒れてもなのはさんだけ気概だけで立ち上がる。
主人公だからではなく、なのはさんだからだと思わせてくれました。
あの行動はなのはさんをよく表現していたのではないでしょうか。
それからアリサのシーンを挟んで、フェイトやヴィータといちゃついて、レイハさんが何やらマスターのために奔走して。といろいろありました。なのはさんがはやてのことでとても気に病んでいる場面はすっと入ってきました。なのはさんだという以上に、A'sの頃から、なのはさんははやてについてやけに気にしている風だったから、今回このような事件がおきて、はやての「宝物」が奪われてしまったことに胸を痛めてるんだろうと。それが起こったことではなく、つらい想いをはやてにさせてしまったことに対して悔やんでいるのではないかと。
そしてそれはキリエに対してもそうだったんだと。

なのはさん対シュテル。
闇なのは、ではなく全くの別人であるシュテルさんですが、声よかったね。ゆかりさん素敵。
パンフレットではなのはの可能性、みたいなことが書かれていましたが、そうなのかな?どうなんだろうという感じです。
可能性がありそうでなさそうで。その曖昧な感じが「可能性」なのかもしれません。
レイハさんなしで倒しちゃったよああああ。SLBを撃ちながらシュテルに向かっていくなのはさんに完全に撃ち抜かれました。これが普段から魔法に馴染んでるか、どれだけ訓練したのか、それが土壇場で発揮されるかの違いの分かれ道なのでしょう。
これがとどめになってシュテルさん撃墜。そして定番であり安定のおひめさまだっこ。なのはさん、お姫様抱っこ人生で何回やるんだろう?そして何度女の子の頬を赤く染め上げるんでしょうか。
シュテルもキリエも、心ごとなのはさんに染め上げるまで時間はかからなそうです。

戦いの後ということで、ちょっとボロっとなっているなのはさんはヴィータとユーノからストップがかかります。がもちろんスタンバイレディでドライブイグニッションななのはさん。包帯をかっこよくほどくところも素敵。でもちょっとは自分を顧みてくれ。いやなのはさんはそれだから素敵。でももっと自分を大事に、……ううん、ジレンマ。
泣いている子を助けにいく。
簡単で単純で明快な。けれども難しい。
範囲を誤ればなおさら。
多くの主人公はこれをよくやる。無差別に救おうとする。んで周りに迷惑をかけまくったあげくだめでしたー、か、レベルアップイベを経てのご都合主義で倒しちゃう。でもそれは救いたかったのか、倒したかったのか。平和を手に入れたかったのか。
なのはさんもレベルアップイベントをこなすけど、きちんとした裏付けがされているし、訓練なんてたぶん体力ぎりぎりまでやってる。寝る・勉強・魔法くらいしかやってないんじゃないか?って思うくらい。あと魔法のついでにコミュみたいな。
それだけ努力してつよくなって、レベルアップしても結局救えるのはほんの一握り。
手の届く範囲だけど幸せ。
流れた涙を拭って笑顔にできるのも、数えられるだけしかいない。
それをなのはさんはきっと理解してる。
でも生きていたらどんどんその範囲は広がっていくし、大きくなっていく。
だからこそ、訓練や強い想いが必要になってくる。
そのあたりがStrikerSで書かれていた。
なのはさんは理想と現実にすれ違いが生じた今回のとき、毎回こういう気持ちになるのかと思うとやりきれない思いがします。

ラスト、フォーミュラモードのなのはさんとレイハさん。
Detonationでどうなっていくのか。
とても楽しみでしかたありません。




大変感想が長くなりましたね。
はやくBDを手元に置いてスクショとりまくってなのはさんを堪能したいです。

楽しみですね。BD。
年内には難しいかもしれませんが一日でもはやく発売されますように。
しっかりとした形でDetonationが制作され、放映されますように。
そしてまたリリカルなのはの世界に浸れる幸せにおぼれさせてください。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

黄色いばら «  | BLOG TOP |  » 夢を見ました。

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。