2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No title...ヴィータver

「Pray」を聴いて。
二番の歌詞って絶対ヴィータ→なのはだ、と猛烈に感じてしまった西野加奈。
ヴィータは一途です。

短くはありますが、よければ続きよりどうぞ。



 No title...


 どうすることも出来ない不甲斐無さに歯を食いしばって涙を流すのは一度でいい。

 この腕に残る確かな感触。
 十年前は同じくらいだった身長、簡単に頭を撫でられるようになった今の彼女の背丈。それが二人の間に流れた年月をなによりも感じさせた。その間にあったいろんな辛苦を伴う出来事は、彼女に言わせればすべて「なんでもない」こと。
『終わってよかったっていえるならそれで良いんだよ』
 そんな言葉を、彼女のどの口が言ったのだろう。
 いつだって終わってよかったっていえることなんてなかった。
 彼女の笑顔に嘘などなかったけれど、かといって真実もなく。後悔を幾重も積み重ねて今がある。それでも、今の自分や生活すべてが後悔に塗れたものだなんて思ってはいない。そんなの誰にだって違うってわかる。
 振り返るあいつの顔。不意をつくように見せる微笑。
 そうして胸にすとんと落ちてきた何かに混乱していた。
 やけに激しい心臓の動き。熱を持つ顔。
 そんな自分をいつもあやすように頭を撫でては、優しく名前を呼んでくれた。あいつだけの声色で。誰もが好く少女を、そのときばかりは自分が独占している気になった。それはどんな言葉よりも確かなように信じられたのだ。
あいつのためなら自分の命などどれほどの価値があるというのだろう?
 一度は我等がヴォルケンリッターの主、八神はやてに捧げたこの身を、自分は彼女に捧げようとしている。誰よりも気丈で優しくて強い彼女に。
「はやて」
 変わらず抱きとめてくれる主が大切じゃなくなったわけじゃない。だけど。
 だけど!
 もうなのはしか見えなかった。なのは以上に守りたい人なんていなくなってしまった。なのはが守れればそれでよかった。
 中途半端は嫌いな自分だ。不忠な心のまま主の元にいることは出来なかった。
「ヴィータはこれより、主はやてに捧げた誓いを――破ります」
 はやてに捧げられなくなった誓いを、自分は捧げようとしている。
 誰よりも気丈で優しくて強くて。それから。
 ……それから。
 自分が一番守りたいと思う人。それがなのはだった。

 圧し掛かる闇夜を振り払うように空を突き抜けた。真紅の衣装は“かつて”の主はやてに頂いたもので構成されている。
 嫌いじゃない、大好きだ。大切だ。
 それなのに今はもうなのはのことで頭がいっぱいで、どうにかなりそうだった。実際どうにかなってしまっているのかもしれない。
 どんな犠牲も厭わない。なのはのためだけに自分は戦う。
 管理局?正義?知るかよ。
 自分はなのはが笑っていられる世界を作るだけだ。
「ぶち抜けアイゼンッ!」
≪Jawohl≫
 今は湧き出して来た軍団を突き抜けるべく鋼鉄の伯爵を振り回す。
 なのはを傷つけるものを、例え血に塗れたって、刃が体を貫通したって倒す自分がすべてだ。
 そしてその自分の行動の原理はすべてなのはだ。
 敵だった人。実力行使をしてまで話をしようとした人。自分の不注意で心身に傷をつけてしまった人。
 それから誰よりも何よりも大事な、人。

 この世界を覆い尽くさんとする暗闇なんて、薙ぎ払ってやる。
 なのはを悲しませるものなんて何一つあっちゃいけないんだ。
 世界の誰もが敵になって立ち塞がってきたとしても、自分だけは彼女の元へ。
 剣になれずとも、せめて盾に。

 だから、お願いだから。
 もう泣かないで――。



[ WEB CLAP ]

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

幸福の在処 序章 «  | BLOG TOP |  » No title...フェイトver

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:秋庭加奈
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixiv

Monthly Archive

08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。