FC2ブログ

2019-11

拍手返信なの14

なのティアぶーむ。
なのはさんがティアナをペットにして飼育するという話を某掲示板で呼んだせいです。
それでもやはりヤンデレティアナが書きたいです。以前書いた「貴女の血の味すら」の完結編という形で。
しかしなのリインも。書きたい。いま思い浮んでいる場面的には、SS03で夢からさめたリインをはやてとヴォルケンがなぐさめたあと、一人になって思い出して、また涙目になったところをなのはさんに慰めてもらうというもの。
うむむ、なのはのネタは本当に尽きないなあ。
だからもっと文才が欲しい、そのために頑張っている、そんな現在。

さて、それでは続きより拍手返信です。


(2007/11/04)
>ティアナ可愛い~( ゚ロ゚ノノ゙☆パチパチ
どもです(._.*)ティアナ大好きです♪

(2007/11/06)
>なのフェイももちろん好きですがなのヴィもいいですねv
なのヴィが実は一番好き。SSの量の割合みたらわかるかもしれませんがwなのはに対するヴィータの態度が可愛いですよ。

>SS03の初代とツヴァイはもう反則ですよね(T^T)前になのはに対するフェイトの気持ちはひな鳥が・・・云々と書いたものですが、ヴィータとはやて、というかヴォルケンズに対してはやても同じ恐れを持ってるようなきがしてます。でも、なのはとヴィータにはそういった恐れがないんですよね。純粋に相手に対する好意だという安心感みたいなものが無意識にあるのかな、と。ただ、なのはとフェイトはもはや半身みたいなものなので、ヴィータはフェイトと同じくらい心を許せる存在だけど、永遠に一番にはなれない、そんな不憫なイメージが(><)ステキな話をありがとうございました。長々と失礼しました(><)
リインとリインIIのやりとりは本当に涙目で聞いてました。涙はこぼれなかったけど、悲しくて仕方なかった。僅かな時間でも幸せなときを、八神家の皆と、そしてなのはやフェイトたちと過ごせたらよかったな、とどうしても思ってしまいますね。
ヴォルケン→はやてはどうしても親愛といった感じです。雛鳥が親と認識するように、ヴィータも大切な母親のようなはやてのため奮起していた。だけどなのはにあって、なのはと行動をともにしていき、その魅力に段々と惹かれていった。これはなのヴィ好きな自分の妄想が多大に入っているわけですが、私はそう思いたいですね。
なのはもなんだかんだでヴィータをよく構っているような気がしますし(漫画をみると後ろ髪を掴んだり、会えば些細なやりとりを交わしたり)。
だけどなのはとフェイトの繋がりというものは断ち切る断ち切れない以前に、透明なもので、そういうことが出来ないんじゃないか。居て当たり前の存在と。
いつも自分が書く際には、無意識にヴィータとなのはの関係の下にはそんなものが敷かれているから、どうしても片想い的なものになってしまうのかもしれません。例えなのはにとって既にヴィータが特別な存在であってもね。どこか報われない。そんななのヴィです。


(2007/11/09)
>ぜひ!
はい、なのリインかいてみますよ!期待はせずにお待ちあれ!

>お疲れ様です。大人ヴィヴィオ、想像するだけでも書くの大変そう…。頑張ってください、楽しみにしてます
できました!少しでも面白くあればいいなと思います。
大人ヴィヴィオとなのはさんとの物語をどうぞです。

>NAさん
萌えていただいてありがとうございますm(_ _)mというかヴィヴィオは萌えますね。小さい時はただ可愛いって感じですが、成長したら萌えヴィヴィになりそうです。
そう、なのはさんだから、あのヴィヴィオを受け止められたんですね。そしてヴィヴィオだから、待つ事ができた。恋人になれた、と。
まあ、フェイトさんが可哀相なのはもはや私の小説の特徴というか。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい(なのはさんの胸に飛び込むティアナのイメージでもって謝罪。……あれ?w

>萌え死にましたvヴィヴィオは大きくなったらさぞ素敵なツンデレになりそうですね!恋人にまでなるとわwご馳走様です!!
うちのなのはさんはツンデレが大好きなので、ヴィヴィオは絶好の餌食になります。でもなのはさんの心を奪えるのはヴィヴィオくらいです。……この話ではw
しかしヴィヴィオが大人になるまで待てるなのはさんも、我慢するヴィヴィオも凄いですよね。


(2007/11/10)
>ツンデレへタレとはいままでなのはにいなかった要素ですね!なんか最強な気がしてきたw
ツンデレヘタレ……たしかに。
あ、それと気張りすぎのなのはさんにはちょうどいいかもしれませんwヴィヴィオはなのはさんに対しては最強です。

>ヴィヴィなの良いっすね!開眼してしまいました(笑)また書いて下さいー
ヴィヴィなのはよいです!流行れば良いなあなんておもってたり。
ありがとうございます、がんばりますね!


いつもたくさんのコメントありがとうございますm(_ _)m

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

現状とか。 «  | BLOG TOP |  » 擬似家族

Web Clap

ご意見、ご感想などあればどうぞ。
  

Recent Entries

Categories

Novel List

― Short Story ―
アリサ×なのは
心が君の名前を呼んでいた
違えた道の端  前編 / 後編
すずか×なのは
無想と空想と、紋黄蝶
フェイト×なのは
No title...フェイトver
あなたを想って流した涙は
溶けた灰色の小石
白 -white-
穴の開いた箱
なのはへ。
ヴィータ×なのは
StarDust
21.5話妄想
No title...ヴィータver
大切な Trash Box
誰よりも君に笑ってほしくて
Reinforce
真紅のグラス
Limited Sky
強奪者
蒼い棘
薄氷の上で
摩擦熱
あやふやな星
語ろうとした震え
消えない夕立ち
青と白、それから赤
優しい境界線
はやて×なのは
Sky Tears  SIDE:H / SIDE:N
夜色の羽根
eyes on...
孤島の夢
なのは×リインフォースII
小さな涙
スバル×なのは
君は空しか知らない、僕は大地しか知らない
ティアナ×なのは
月明かりよりも頼りない
貴女の血の味すら
失われた部分と残された部分
命を吹き込まれた落葉
台所で。
求めるままの逃亡
涸れた土
ティアナの適当に幸せな一日
迷子へと示す道標  1 /  /
Don't shake off.
空さえ貴方の前を覆わない  前 /  /
窓を打つ雨みたいな恋
月が堕ちてきた
もっとも不誠実な恋人
世界の終わり
銀朱の残照
僕に重ねて、君は夢をみて
ヴィヴィオ×なのは
掌で心をころがして
擬似家族
小さな声で求めて
蜂蜜
硝子内のひめごと
レイジングハート×なのは
午睡
虚空の紅玉
その他
ヴィヴィなのフェイもどき
SHOUT!  前編 / 後編
猫と主と変質者。
なのはにチョコをプレゼントされたときの台詞
なの!!
雷の憂い

― Long Piece Novel ―
幸福の在処
目次
星たちの休日
 /  /  /
別の世界を願うなら
設定 / 目次 / あとがき
追憶の色に埋もれて
目次 / あとがき
秋、はらむ空
前書き / 目次 / 後書き

― Project Story ―
聖夜 ……目次
拍手SS
一代目 手を伸ばして
二代目 時間
二代目 光の章/夜の幻
描写する100のお題 ……目次
陽の中に塗りこめて。 ……目次
振り返る ……目次

About

魔法少女リリカルなのは二次創作物、主に小説を扱っています。
このブログ内で使用している文及び画像の転載は、例外なくご遠慮下さい。

◇小説の傾向
なのはが絡んでいる百合、修羅場が多め。
なのはさんをめためたに愛し、いじめていきます。

◇リンクについて
リンクフリーですが、貼っていただく場合には下の本館にお願いします。
本館:

何かありましたら下まで。
kone6.nanoなのgmail.com(なの⇒@)



Profile

Author:こねろく
リリカルなのはが大好き。
なのはさん溺愛。そしてゆかりさんにめろめろ。
詳しいプロフィールは本館のMYSELFに。

Pixivtwitter

Monthly Archive

11  09  05  04  03  02  01  08  07  04  07  02  06  03  08  07  06  02  01  11  08  07  06  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

Link

その境界線は。(本館)

Search Area